Beauty

噂の“眉毛エクステ”を試したら、アムラー世代の薄眉が劇的に変わった!

 若き日のアムラー・ブームで惜しげもなく眉毛を抜いてしまい、細眉にしてしまったみなさまに朗報です。巷ではまつ毛エクステならぬ“眉毛エクステ”という新しい美容術が今、感度の高い女性の間で流行中なのだとか。

安室奈美恵

90年代の安室奈美恵/『TVガイド 関東版 1999/8/28-9/3』表紙

 要は人工毛を装着して、その人に似合ったまゆ毛にしてくれるというもの。それならば今ブームの太眉にもなれるのでは……と淡い期待を抱きつつ、都内でもまだ数少ない眉エクの施術ができるサロンへ出かけてきました。

入念なカウンセリングでイメージ決定



「眉毛エクステはアメリカから入ってきた新しい技術です。その人の眉毛の状態を確認してから、毛か肌に直接人工毛をグルー(のり)で装着していくんですね。

 ただずっと続けるというわけではなくて、各々に美容液や育毛剤で眉毛を増やしてもらっている間のフォロー役という感じですね。きれいに眉毛が生えたら“卒業”なんです(笑)」

 そう話すのは「muller daikanyama(ミュラー代官山)」の代表・山田タマキさん。でも流行の太眉にしたいと言ってもみんなが似合うわけではないですよね…?

薄眉

見よ!この施術前の薄眉(泣)を‼

「そうなんです。その人の目元を中心とした顔立ちに似合うようデザインをします。そのために施術前に入念なカウンセリングは欠かせません」(山田さん)

 なるほど、とカウンセリングを開始。施術は、大手サロンで技術責任者も務めていたというスタッフの三浦杏奈さんに担当してもらいました。まずはこちらのなりたいイメージを伝えて、そこに三浦さんの意見をプラスして眉をペンシルで描いてくれます。

次のページ 
自分では描いたこのとない眉毛に

1
2
3




あなたにおすすめ