News

イケメンすぎるカナダのトルドー首相、日本でも大人気!その異色のキャラとは

 5月27日に閉幕したG7伊勢志摩サミット。不透明な世界経済や中国の海洋進出について議論が交わされたとのことですが、そんな本題以上に注目を集めた人物がいます。

 カナダのジャスティン・トルドー首相。父親は故ピエール・トルドー元首相というサラブレッド。若干44歳、しかも細マッチョなイケメンとくれば、常に注目を受けるのもうなずけます。
(教職などを経て、2008年に下院議員に。自由党党首として、2015年11月に首相に就任)

PHOTO/Jmweb7

 政治家としては、多くのシリア難民を受け入れたり、「もう2015年にもなるんだから当たり前」と内閣の半数に女性を起用したりと、かなりのリベラル派。

 ただ、温和なイケメンというだけで、ここまでの人気にはならないはず。そこで、お茶目なジャスティン・トルドー氏のエピソードを紹介していきたいと思います。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=524666

 写真は、チャリティでボクシングの試合に出たトルドー氏(右上)。趣味はボクシングだそうで、細マッチョにタトゥーまで!

いつも靴下がファンキー



 海外メディアが「トルドー首相の靴下」を記事にするほど、氏の靴下はファンキーだと話題になっています。しかも、そこには明確なメッセージが込められているというのです。

 たとえば、おおげさな割に中身のないダボス会議には、ドクロ柄のソックスで出席。「お前ら、おもんねえわ」という意思をスマートに表明する。

 そして今回のサミットに先がけて天皇陛下に謁見したときにも、青、グレー、紫のストライプというフォーマルらしからぬチョイス。“いまの世界経済を色であらわすとこんな感じ”とのメッセージなのではとの見立てもありますが、真意のほどはいかに。

筋金入りのフェミニスト



⇒【Instagram】 https://www.instagram.com/p/nLmJo6jjzh/


「フェミニストな自分を誇りに思う」と公言してはばからないトルドー氏。でも、そんなの言うだけならタダだろうと思う人も多いはず。そこで、彼はこう語って驚かせるのです。

「もし自分の伝記映画が制作されることがあるのなら、ジャスティン・トルドー役はメリル・ストリープにお願いしたい」

(上の写真(instagram)は、ソフィー夫人の誕生日にトルドー首相がフェイスブックにアップした写真。夫人は元テレビタレント)

PHOTO/Meunierd 2015年、モントリオールの「ゲイ・パレード」にて


次のページ 
あまりの人気に、冷ややかな見方も

1
2




あなたにおすすめ