News
Lifestyle

「55歳婚」から半年で離婚した菊田あや子に学ぶ、晩婚が長続きしない理由

 先日、芸能レポーターでタレントの菊田あや子さん(56歳)が、半年で離婚していたことがわかり大きな話題を集めました。菊田さんは、昨年9月にたった交際1カ月で一般男性と結婚した猛者(!?)。当時は「55歳電撃婚」として、メディアを賑わせました。

菊田あや子オフィシャルブログ

菊田あや子オフィシャルブログより http://ameblo.jp/kikutaayako/

 半年間の結婚生活を「悔いはありません」と振り返ってはいるものの、「結婚に対する考え方、求めるもの、価値観が余りにも違っていました」と、“価値観の相違”を破局の理由としてあげています。しかも、結婚生活のストレスから、体重が8キロも落ちてしまったとか。相当心労が重なっていたことが伺えます。

高齢なほど価値観が合わせにくい



 結婚に限った話ではありませんが、誰かと生活をともにする上で、価値観をすり合わせるということは非常に重要なこと。ですが、人間は年齢を重ねるにつれて、考え方がこり固まってしまう一面があります。その上、菊田さんの場合は、交際期間もわずか1カ月と短かったため、すり合わせのための準備期間すら設けられなかったのも、破局の要因ではないでしょうか?

 2006~2010年にアメリカ・ユタ大学が行った調査によると、結婚年齢別に離婚率に大きな違いがあることが明らかに。1位は20歳未満、2位は20~24歳と若年層が目立っていますが、なんと3位には35歳以上での結婚がランクイン。35歳以上になると、男女ともに自身の生活パターンが確立されてしまうため、それを結婚相手に合わせて変更することが難しくなってしまう。それが高齢結婚における離婚の原因なのではないかと考えられているようです。

 でも、果たして晩婚カップルは本当に長続きしないものなのでしょうか? 夫婦問題研究家である岡野あつこさんはその問題について、次のようにコメントしてくれました。

次のページ 
晩婚カップルが長続きしない理由

1
2




あなたにおすすめ