Gourmet
Love

街コンの次は“日本酒コン”!「必ず二次会につながる」と評判のイベントって?

 妙齢の女性が異性に出会える場所として昔から名前が真っ先にあがるのがバー。

「某駅のバーではイケメンに出会える」とか、「駅ナカのビルで飲んでたら彼ができた」などの声はよく聞きますが、どうしてバーで出会えるかといえば、「行きつけなので、マスターが紹介してくれた」(35歳・事務)とか、「行動ルート内で知り合うから、共通のお店を知っていたりして、次に会うまでの話が早い」(37歳・IT)などの理由があるでしょう。

 が、ダントツの理由は、やはりこれ。「“飲みの席”で、かしこまってないから普通よりも仲良くなりやすい」(28歳・出版)。……そう、飲みの席の気さくさが恋を運んでくるってわけですね。

街コンブームが去った今…



 で、その気さくさに目を付けた出会いイベントとして「街コン」が一世を風靡したわけですが、ちょっと出尽くした感はありますよね。

 そこで最近話題なのが、日本酒やワイン、ビールなどお酒の種類で参加者を募る「お酒婚」。これまでに9回の日本酒婚を手掛けたという「KURATOMO(蔵とも)」さんに、イベントの様子を伺いました。

「KURATOMO(蔵とも)」とは、お酒の情報を発信するメディア「NOMOO(ノモ―)」や日本酒を楽しむサービス「KURAND(クランド)」などを運営するリカー・イノベーションという会社と、結婚相手紹介サービス大手のツヴァイ、秋田に本社を置く広告会社エポックコミュニケーションズが運営するお酒を楽しむためのサービス。

 日本全国の蔵で造られる日本酒、ワイン、ビールなど地元のお酒と食を通して、地域の文化や伝統に触れたり、お酒を通じて触れ合う「交流の場」を創造しているのだとか。

次のページ 
普通の婚活よりすぐに仲良くなれるワケ

1
2
あなたにおすすめ