♂&♀

うつやガンまで防ぐ、“夜のひとり活動”はメリットだらけ

 9月15日に発表された「第15回出生動向基本調査」が話題を呼びました。18~34歳の未婚男性のうちおよそ7割、女性では6割に恋人がいないというのです。それだけでなく、「性経験なし」は男女ともに4割超え。草食どころか、断食状態とも言えそうです。

 でもこうした傾向は日本だけではないのだそう。アメリカでも“ミレニアル世代”(1980年代半ばから2003年の間に生まれた世代)は、恋愛や性交渉に積極的ではないといいます。その原因は識者によって見解の分かれるところ。いずれにせよ、みんなヤラなくなってきている。

 ただし、人間だもの。性欲はあるはずじゃないか。では、どう処理しているのかというと……。

 そう。マスターベーション(以後、セルフプレジャー)。

マスターベーション

イギリス名門紙に見る「ひとりですることの凄いメリット」



“非モテがさびしさを紛らわす行為”との認識はいまだに根強いかと思います。でも、そんな考えもそろそろ終わりにしませんか? だってとっても健康に良いではありませんか――。そんな、セルフプレジャーの長所をまとめた記事が、去る5月にイギリスの名門紙「インディペンデント」のサイトに掲載されていました。
(ちなみに5月は、国際マス月間「International Masturbation Month」だそうです)

 たとえば、メンタル面。絶頂とともに放たれる脳内物質のエンドルフィンが、うつ状態になるのを防ぐのだそう。もちろんパートナーとのまぐわいでもよいのでしょうが、より効率的に自分のペースで達するにはひとりがベター。

セルフプレジャー さらに、男女ともにガンのリスクを軽減することが、研究で明らかになっているといいます。女性は子宮頸ガン、男性は前立腺ガンですね。特に女性については、快感が頸部の筋肉をほぐすのがいいようです。

 そして、女性におすすめの理由がもう一つ。月経痛をやわらげる効果を感じる人が多数とのこと。やはり筋肉の緊張に関係しているのでしょうか。

 他にも、終えたあとぐっすり眠れるとか、性病や妊娠の心配がないとか、いいこと尽くめだと「インディペンデント」は報じています。

次のページ 
あの偉人たちもセルフプレジャー熱烈支持!

1
2
イケるSEX

女子SPA!の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」がいよいよ書籍化!
経験人数10,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。「イク感覚がわからない」「彼がゴムを付けてくれない」「“30代処女”は重い?」etc.
Q&A31本とコラム5本を収録




あなたにおすすめ