Gourmet

仏スーパー「ピカール」が日本上陸!買って後悔&おすすめの冷凍食品はコレ【体験ルポ】

注意①オーブンがないと作れない逸品が多い



⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=622941

ピカールクロワッサン バターの香りがたまらない本格クロワッサン(ミニタイプ、10個580円)。実はコレ、パンを焼く前の「冷凍生地」が入っていて、オーブン180度で20分焼いて食べるようになっています。つまり、電子レンジやトースターではダメということ!

 パン類、タルト、グラタンはオーブン調理のものが多く、電子レンジ対応ができる商品も、日本では珍しい800Wなどの指定に。これでは、日本の台所事情に合っていないと感じる人も少なくないのでは?

注意②サイズが大きすぎて少人数世帯には使いにくいものも



ピカールピザ「クルミ、ハチミツ、シェーブルチーズのピッツァ(880円)」。日本の冷食にはなさそうなテイストで興味津々ですが、1枚が大きく、小さなトースターには入らないサイズ。ピザ類はすべて単身世帯にはチャレンジしにくくなっています。

注意③フライパンやバターが必要で、すぐに食べられないものも



⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=622943

ピカールクレープ コチラは、フランスらしいクレープ類。「クレープ(6枚580円)」だけでなく、「そば粉のガレット(6枚580円)」までそろっていて、朝食やおやつ用にストックしたくなりますが、温め方が少々厄介。バターを使い、フライパンで焼かなければなりません。

「冷凍食品=時短・便利」なんだから、レンジでチンしてすぐに…というわけにはいかないのです!

 そうです、あらゆる人に万能というわけではありませんが、憧れのフレンチがぐっと身近になったことは確実。オンラインでの注文もでき、今後は店舗拡大もするようなので、自分好みのアイテムを楽しく慎重に探してみてはいかがでしょうか?

<TEXT,PHOTO/スギ アカツキ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【スギ アカツキ】
東大卒の食文化研究家。長寿美容食研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で料理研究をはじめる。モットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。

1
2
あなたにおすすめ