Lifestyle

子供がいる家族が「完成形」とは限らない【山本ゆり×こだま対談】

子供もセックスもなしで繋がれる夫婦こそ理想?

――お二人とも、自分が結婚してみて、それまで抱いていた“夫婦”や“家族”のイメージと違ったなということはありますか? こだま:私は、自分に子供がいないせいか、子供がいる夫婦ってすごくしっかりしているように見えるんですよね。なんか、「あれこそが家族の完成形だ」と思ってしまう。私たちは本当に学生時代の頃から変わっていなくて、子供もいないし、性的な活動もないので、誇れるものが何もない。これで夫婦と呼んでいいのかなと、いまだに疑問なんです。 山本:呼んでいいと思います! 夫婦も家族も本当に人それぞれだと思うんです。それに子供がいるからかろうじて別れないでいる夫婦や、セックスレスで離れちゃうカップルって多いじゃないですか。そこがなくてもずっと繋がっていられる夫婦って、むしろ一番絆が強くて、誇れることじゃないかなあと思うんです。 こだま:ありがとうございます。そんなこと、全然考えたことなかったです。 山本:子供がいる夫婦が完成形に見えるというのはわかる気がします。でもそう見えるだけで、実際はみんな未完成というか、完成形なんてないんじゃないかなと思います。自分が家族を持つようになって、家族ってそれぞれの役割を演じているだけの脆いものなんだとも思うようになりました。 こだま:そう思いつつ、家族のことならブログで変な風に書いても大丈夫だろう、という妙な信頼もある(笑)。つくづく、家族って不思議ですよね。 こだまさんと山本さん_2<TEXT/福田フクスケ PHOTO/林紘輝>
1
2
Cxense Recommend widget
夫のちんぽが入らない

交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った“愛と堕落"の半生。“衝撃の実話"が大幅加筆修正のうえ、完全版としてついに書籍化!

syunkon日記 スターバックスで普通のコーヒーを頼む人を尊敬する件

「ティーバッグって1回で捨てますか?」「今日カレーでいいよが腑に落ちない」「舌を噛んだときの孤独について」…etc.あなたが心の隅っこにそっとしまいこんでいた感情を刺激する珠玉のエッセイ集!


あなたにおすすめ