Entertainment

成宮だけじゃない!貧しさから脱出“実は苦労人だった”芸能人たち

 コカイン吸引疑惑報道がきっかけとなり、芸能界から引退した元俳優の成宮寛貴。幼いころに両親が離婚。中学時代に母親が他界したため、彼は高校進学せず、働きながら弟の学費を稼ぎ、大学まで卒業させたという苦労に満ちた半生にも注目が集まりました。

成宮寛貴

WA OH!~自遊美presents TOPCOAT LIVE2008 OFFICIAL BOOK~ (ワニムックシリーズ 110)

 そこで今回は、壮絶な生い立ちや過去を持った芸能人たちをピックアップ! 当人たちがメディアで明かした情報をもとに、紹介します。

 成宮以上のインパクト大なエピソードが続々登場!

●マギー(モデル)

マギー

「I’m マギー」講談社

 幼少時に両親は離婚。カナダ人である父親がマギーと2歳下の弟の親権をとって育てたそうです。しかし父親の収入は不安定で、金銭的にも厳しい生活を送らざるを得ない環境だったとか。

 そんな少し頼りない父親を支え、母親代わりとして弟の面倒を見てきたマギー。苦労が実った現在は、父親も弟もマギーに絶対に頭が上がらないそうです。

●秋元才加(元AKB タレント)

秋元才加

「秋元才加 Princess SAYAKA」【image.tvデジタル写真集】デジタルブックファクトリー

 父親は、彼女が物心ついた頃から現在にいたるまで無職!「電気、ガスが止まるのは当たり前」「服はフリーマーケットで買ったことしかない」「AKB時代は段ボール2個分のお弁当を持ち帰って家族で食べた」など、エピソードには事欠きません。

 舞台女優として着実にステップアップしている現在は、家族に仕送りできるようになり、実家がだいぶ豪華になってきたそうです。

●風間トオル(俳優)

 5歳で両親が離婚し父親に引き取られるも父親失踪。祖父と祖母のもとで過ごしたといいます。

 そのうち祖父が認知症になり、小学生にして介護生活を送ることに。祖母はパチンコに明け暮れており、家にはまったくお金がない状態。草やカマキリを食べて飢えをしのいでいたとか……。

 モデルになってからも貧しいがゆえに服がなく、「裏返しに服を着たり」「左右別々の靴下を履いたり」していたところ、最先端のファッションと勘違いされ、後のブレイクに繋がったとか……何が売れるきっかけになるかなんて、わからないものですね。

次のページ 
まだまだいる実は苦労人だった芸能人!はこちら

1
2
あなたにおすすめ