Gourmet

誰でもできる極上イチゴ・スイーツ、「ババタロウ」の作り方

 死ぬ前、最後に食べたい。  冬の間、勢力的に食べたい美容食材と言えば「イチゴ」。他の果物に比べると、少々値がはりますが、やっぱり美味しい。宝石のようなビジュアルと、つぶつぶジューシー感も相まって、あー、もう最高!最後の晩餐として選ぶなら、私は迷わずイチゴです。 イチゴ そこで今回は、「イチゴ」についてのお話。超簡単! 超美味! 美肌スイーツのレシピもご紹介します。  まずは、イチゴの魅力についてまとめてみました。

才色兼備ナンバーワン!

(1)ビタミンC、抗酸化物質が豊富 イチゴ ビタミンCはレモンの1.5倍。たった7粒で1日に必要なビタミンCが補えるため、美肌作りや風邪対策には最適です。また、アントシアニン、キシリトール、フラボノイドと言った「抗酸化物質」も豊富で、アンチエイジング対策や虫歯予防にも。これらの栄養素を効率良く取り入れたいなら、スムージーがベスト。
イチゴ

β-カロテンたっぷりのミカンと合わせると尚良し

(2)シャンパンや甘味との相性がバツグン  トシ・ヨロイヅカの「イチゴリゾット」然り、他の素材と組み合わせた時のマリアージュ力は最強です。甘さ、酸味、香りの黄金バランスにより、シャンパン、生クリーム、アンコ、チョコレート等が妖艶に楽しめます。 (3)品種が豊富  リンゴに匹敵する程、バリエーション豊か。見た目、甘さ、酸味、ジューシー度、滑らかさ等のバランスによって、味わいは多種多様。驚くほど違った味わいが、食いしん坊の好奇心をそそります。 ※主な品種の特徴 ⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=64418

カンタンなのに美味すぎる!「ババタロウ」の作り方

 最後に、イチゴたっぷりビューティースイーツの作り方をご紹介。ビタミンCとコラーゲンが嬉しい「ジューシーババロア」です。材料も作り方も超シンプルなのに、実に美味。我が家では「ババタロウ」と呼ばれ、長年愛されています。 ⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=64419 イチゴ<材料>4人分 ・イチゴ 1パック ・生クリーム 1パック ・砂糖 50グラム ・ゼラチンパウダー 7.5グラム ・お湯 100ml ・レモン汁 1/2個分 <作り方> (1)ボウルの中で、イチゴをフォークもしくはマッシャーで潰す。果肉が荒く残るくらいで良い。 (2)ゼラチンパウダーをお湯で溶かしておく。 (3)小鍋に生クリームと砂糖を入れて温める。かき混ぜながらゆっくり加熱し、砂糖が溶けたら、ゼラチン汁、レモン汁、潰したイチゴを加える。全体が混ざり合ったら速やかに火を止める。火は弱火、沸騰させないことがポイント。 (4)グラスやタッパーなどの容器に注ぎ入れ、粗熱を取って冷蔵庫で冷やし固めれば完成!キューブ状に切り分けても良し、スプーンですくっても良し。イチゴを添えるとより豪華なデザートに。  さあ、イチゴの旬はまだまだ続きますから、お好きな品種・美味しい食べ方を見つけてみてはいかがでしょうか? <TEXT, PHOTO/料理研究家・スギ アカツキ>
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ