Beauty

ほんの一手間で涼しげなヘアアレンジに。夏っぽいヘアのコツ

 ただ巻いただけやおろしただけのダウンヘアもかわいいけれど、暑い夏はちょっとアレンジを加えて、涼しげな印象を狙いたくなりませんか? 「凝ったことは苦手」という不器用さんにもおすすめできる簡単な夏ヘアアレンジを、お似合いのファッションとともに紹介します。

トップの髪をねじっただけの簡単アレンジですっきり知的な印象に



⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=731127

モデル・田尻夏樹サン(168cm)

出典:itSnap

モデル
田尻夏樹サン(168cm)

 デザイン性の高いトップスに合わせて、さわやかさを出したねじりヘア。ダメージデニムを取り入れたカジュアルコーデですが、かわいらしいヘアスタイルのおかげでフェミニンな印象に仕上がっています。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=731128

モデル・田尻夏樹サン(168cm)

出典:itSnap

 全体を6:4にざっくりと分け、左右それぞれのトップの髪を後ろ方向へねじってピンで留める。顔まわりの毛を残したことと、全体を外巻きに仕上げたことで、小顔効果も狙えています。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=731129

モデル・田尻夏樹サン(168cm)

出典:itSnap

 夏らしいターコイズ×ゴールドのピアス。アレンジを加えたことでピアスも目立ちます。

ボーダーレイヤード風トップス 約¥15,000/Re.Verofonna
ダメージスキニーデニムパンツ 約¥7,000/SPIRALGIRL
チェーンバッグ 約¥1,500/Qoo10
シルバーパンプス 約¥8,000/ESPERANZA
ピアス 約¥300
腕時計 約¥14,000/ICE-WATCH
(アイテム、価格はすべて本人申告)

モテも狙える鉄板の夏ヘアといえば、ゆるく巻いたローポニー



⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=731130

ママ、サロンモデル・東優サン(156cm)

出典:itSnap

ママ、サロンモデル
東優サン(156cm)

 カジュアルな印象のデニムのセットアップを、ゆる巻きポニーで大人ガーリーに仕上げています。ポニーテールが高すぎると子どもっぽくなりがちですが、やや低めでまとめたことで、大人の女性らしい落ち着いた雰囲気に。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=731131

ママ、サロンモデル・東優サン(156cm)

出典:itSnap

 前髪とおくれ毛を残したポニーテール。髪をまとめるときに両サイドからおくれ毛をひと筋ずつ取るのがポイントです。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=731132

ママ、サロンモデル・東優サン(156cm)

出典:itSnap

 毛先はざっくりとゆる巻きに。時短を狙いたいなら、結んだ後に巻いてもOK。毛束をひと筋取ってゴムに巻きつけ、仕上げにリボンバレッタを。このひと手間がガーリーさの秘訣です。

フリンジデニムトップス 約¥8,000/Lily Brown
フリンジデニムスカート 約¥9,000/Lily Brown
スターチェーンバッグ 約¥4,000/SHOPLIST
厚底メタリックサンダル 約¥5,500/fabby fabby
リボンバレッタ 約¥600
イヤリング 約¥1,000
網ソックス 約¥300/Honeys
(アイテム、価格はすべて本人申告)

おくれ毛を残したラフなお団子なら、1分でできてリゾートっぽい



⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=731133

会社員・米永沙世サン(168cm)

出典:itSnap

会社員
米永沙世サン(168cm)

 トレンドの刺しゅう細工のブラウスにボタニカル柄のガウチョパンツを合わせたバカンス風のコーディネート。ヘアもラフなお団子にして、リゾートっぽく仕上げています。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=731134

会社員・米永沙世サン(168cm)

出典:itSnap

 ざっくり感がリゾートっぽさのポイント。顔まわりの髪の毛はわざと残して。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=731135

会社員・米永沙世サン(168cm)

出典:itSnap

 ひとつ結びにするときに、最後の毛束を抜き切らず輪っかをつくって。きちんとしたお団子よりも、こちらのほうがラフな印象に。ヘアゴムはかわいいものをつけて、手抜き感をシャットアウト。

エンブロイダリーシャーリングブラウス 約¥5,500/ROJITA
ボタニカル柄ガウチョパンツ 約¥5,000/ZARA
ポシェットショルダーバッグ/GUCCI
ウエッジソールサンダル 約¥5,000/one after another NICE CLAUP
星形ヘアゴム 約¥500
(アイテム、価格はすべて本人申告)

<Photographer/Akinori Matsumura(CREATIVE SUITE) Text/Yuka Ozaki
コンテンツ提供/オシャレなコーデを毎日更新・ファッションSNAPアプリ itSnapitSnap Magazine)>

⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

あなたにおすすめ