Lifestyle

マウスを持つ手に、手を重ねてくる同僚にゾッ!口説きとセクハラの境界線

 セクハラが社会的に問題視されるようになったとはいえ、「今日もセクハラされたらどうしよう……」と穏やかでない日々を送っている女性は現在も少なくないのです。

セクハラ被害

写真はイメージです(以下同じ)

 29歳ITエンジニアのFさんの話。ビルの建て替えで、他部署と同じフロアになったFさんを待っていたのは、同僚からのセクハラでした。

「私にセクハラしてきたXは、部署が違うので仕事上のからみもなく、給湯室や廊下で会ったら挨拶したりする程度の関係。ただの同僚の1人でした。

 Xはある日から私の席にやってきて、『なぜこの仕事についたか』『今の仕事で自分は何を成し遂げたいか』と男の夢を語り始めました。私にとっては心底どうでもいい話なので『早く自分の席に戻ってくれないかな~』と祈っていました」

ついに始まったボディタッチ



 しかしその祈りは通じず、Xはほぼ毎日、Fさんの席にやって来るようになってしまいました。

「調子に乗って『オレ語り』をするうえに、こっちが少し忙しいときでもお構いなしに居座るんです。空気を読まないタイプだなと思って、『ちょっとミーティングがあるんで』と、いつも急いでいる風を装って逃げました。

 それでも懲りずにやってきて、とうとうボディタッチをするようになってきたんです!

 挨拶がわりに肩に手を乗せてきたり、マウスを持つ私の手の上に自分の手を乗せて自分の興味あるサイトを見せようとしたり。立ち去るときに頭を撫でられたことも数え切れません」

セクハラ同僚ボディタッチ

ひとりよがりな“キャラクターグッズ”プレゼントの嵐



 さらに、勝手にプレゼントを持ってくるようになったX。

 Fさんがパソコンの脇に置いていたドラえもんフィギュアを見たのか、マグカップにバッグ、Tシャツに至るまで、ドラえもんグッズをこれでもかと買い集めてはドヤ顔で現れるように。

「『いらない』と強く言っても、『本当は嬉しいのに遠慮してる』と勘違いして、ニヤニヤしながら『いいからいいから』と持って来るんです。しかも頭を撫でながら。このとき、『大ごとにしなければならない』と感じました」

 Fさんはこの日の帰りに上司に報告。プレゼントを見せて、困っていることを伝えたところ、セクハラ対応部署の担当者が動き出しました。その日からXに内緒で「撃退プロジェクト」が進行し始めたのです。

次のページ 
迎えた決戦の日!Xの表情が…

1
2




あなたにおすすめ