Lifestyle

スマホの固定費が月1900円から!低価格SIMカードで月数千円が浮く

 4月の消費税率アップを機に、節約を決意した人は多いと思います。主婦のみなさんは、何を節約したいと思っているのでしょうか?

 MMD研究所が20~60代の主婦1152人を対象に行った調査(※1)によると、節約したいものベスト3は、水道光熱費(56.8%)、月々の携帯料金・通信費(48.9%)、日々の飲食代(39.2%)でした。

スマホ料金を節約したいけど何をしていいかわからない!



 特に、携帯料金(通信費)については、4人に1人が「1年前より高くなった(とても+やや)」と感じていて、その理由のトップは「スマートフォンに変更したから」。

 ところが、携帯料金節約のために何をしているか聞いたところ、ベスト3は……。

<主婦が携帯電話利用料節約のために行っていること>
1位 家族割・学割などのキャリア割引プランに入っている 55.1%
2位 節約のために行っていることはない 23.6%
3位 通話は無料通話アプリを活用している 20.1%
==================

 1位は基本中の基本である「割引プラン」、2位はなんと「行っていることはない」。節約したいと思いながら、どうしていいかわからない、という状況が見てとれます。確かに、携帯料金の仕組みを見たって、ややこしくてチンプンカンプンだし、途方に暮れますよね。

 ただ、ややこしいものほど、ウラワザの余地があるのです。

SIMカードってこんなもの

 3位の無料通話アプリ(LINE、Skypeなど)は通話料はちょこちょこ節約できますが、実は月額基本料そのものをガーンと数千円も下げる方法があるのです!

 それが、最近流行っている「SIMフリー端末+低価格SIMカード」という組み合わせ。「SIMカード」とはスマホ・携帯に入っているICカードで、契約者情報を記憶した“脳”のようなものです。以下はこのウラワザについて解説しましょう。

低価格SIMカードでネットも通話もできるように



 スマホを契約するとき、普通はドコモ、au、ソフトバンクなどキャリアの料金プランに入りますよね。ところが、別の方法があるのです。

 家電量販店やネットで「SIMフリー端末」を買って、そこに「低価格SIMカード」(月額使用料1000円以下からある)を差し込むことで、キャリアに縛られないスマホライフが送れるのです。SIMフリー端末はNexsus5やiPhone 5sだってあるし、一部、キャリア版スマホでも「低価格SIMカード」に対応しているものもあります。

 ただ、今までは「低価格SIMカード」でできるのはデータ通信だけがほとんどだったので、「ネット用のスマホ or タブレット」+「通話用ガラケー」の2台持ちが中心でした。

 それが最近、音声プランの付いた「低価格SIMカード」が登場し、1台で通話もネットもできるようになってきたのです。たとえば、2014年3月13日にIIJmioが発売した「音声通話機能付きSIMカード『みおふぉん』」。一番安い「ミニマムスタートプラン」の例だと、月額料金(データ通信+音声通話機能)は税別1900円

 1900円!?

 もちろん、これに通話料(キャリアのスマホと同じ30秒20円)が乗っかるわけですが……それでもキャリアの一般的なスマホ代・月6000円台(通話料含む)から考えると信じられない額です。

 ただし、同キャリア同士の無料通話ができなかったり、キャリアの各種割引は使えないので、節約効果はじっくり検討してみましょう。

 ちなみに、「低価格SIMカード」で現在利用者が多いのはOCN、IIJ、BIGLOBE、日本通信の4社。このうち音声付きプランがあるのは、IIJと日本通信(b-mobile)です。

 また、MMD研究所が「低価格SIMカード」利用者1000人に行った調査(※2)によれば、総合満足度は1位・IIJ(77.6%)、2位・OCN(72.8%)、3位・BIGLOBE(72.0%)、4位・日本通信(54.0%)の順位でした。

 私自身、データ通信用に「低価格SIMカード」(IIJmio)を使っていますが、全く問題なし。情弱な私が詳しい人に勧められて、こんなマニアックなことする必要あんのか? と思ったけど、その節約効果に満足してます。ここまで読んでチンプンカンプンだった人も、詳しい人や家電量販店などに相談してみるといいと思います。

(※1)「主婦の携帯電話の利用・節約意識に関する調査」MMD研究所
調査期間/2014年3月10~12日
有効回答/20~60代の主婦1152人(インターネット調査)
(※2)「低価格SIMカード利用者の満足度調査」MMD研究所
調査期間/2014年2月18日~23日
有効回答 /1000人=OCN、IIJ、BIGLOBE、日本通信SIMカード利用者各250人
(インターネット調査)
総合満足度とは、月額料金、通信品質、データ容量、サポート体制など、計12項目について質問した総合評価

<TEXT/女子SPA!編集部  PHOTO/Anusorn62>




あなたにおすすめ