Lifestyle

お花見に持って行くと「気が利くね!」と言われるお役立ちグッズ6つ

 こんにちは。美容ライターの高木沙織です。

「明日はお花見!」とワクワクしながら準備をする時間もすでに楽しかったりしますよね。着ていく服やヘアスタイルも決まったし、バッチリ!……って、それ本当ですか? 屋外でのレジャーは普段の外食とは異なり、“ないと不便なもの”がいくつも。

お花見 そこで今回は、お花見に持って行くと「家庭的」「気が利く」とイメージアップするであろうグッズを紹介していきたいと思います。

アルミ製のバッグ



アルミ製のバッグ お花見での楽しみと言ったら、桜を眺めながらの飲食。お惣菜を購入することもあれば、参加者それぞれが自宅で作った料理を持参するポットラック形式ということもあるでしょう。

 それらの料理を温かいものは保温、冷たいものは保冷した状態で持ち運ぶのに役立つのが、アルミ製のバッグ。料理を安全に美味しい状態で食べるための必需品です。とは言っても、春は意外と気温が高い日が多いので、持参した料理(特に生もの)は早めに食べてしまいましょう。

アルミシート



アルミシート 続いてもアルミ系。今度は、アルミシートです。お花見会場では、芝生や土の上にレジャーシートを敷いて座ることがほとんど。レジャーシートのみでもよいのですが、地面は意外とひんやり冷たい……。長時間座っていると、体が冷えきってしまうことも。

 そんなときは、アルミシートの出番。保温に優れているので、レジャーシートの下に敷いてあげると自分の体温による温かさを感じられます。それでも冷えが気になるようであれば、ブランケットを持参するとなおよいでしょう。

蓋つきの容器



蓋つきの容器 屋外では、砂やほこり、花粉、小さなゴミなどが飛散しています。しかも、地面に近いところに料理や取り皿を置いておくとなると、どうしても混入してしまいやすい……。ラップをかけておくのもよいのですが、軽くて風で飛ばされてしまったりしますよね。

 最近では、レジャー用の容器や取り皿が充実していて、蓋つきの紙カップなどもあるのでぜひチェックしてみて。食べないときは蓋をしておけば安心です。

チューブ系調味料



チューブ系調味料 味の好みは人それぞれです。「料理にもう一味加えたい」なんてときもあるでしょう。わさびやからし、生姜、にんにく、柚子胡椒、梅など種類が豊富で、持ち運ぶのにも適したチューブ系の調味料は、持って行くと重宝されます。

 今人気のきざみパクチーのチューブは、パクチー好きの女子にウケるはず!

次のページ 
残る2つは?

1
2
あなたにおすすめ