News

セクハラ放置はテレ朝だけじゃない。「会社に言っても飛ばされるだけ」と女性記者

会社に相談しても飛ばされるだけ…女性記者たちの苦悩



 数多くのスクープを書いてきた、大手新聞社会部の女性記者Bさんもこう話す。

「週刊新潮の記事を読んで『私がこれまで受けてきセクハラだ』と思いました。労働組合に相談してみたのですが、ボーナス闘争に忙しいのか相手にしてもらえず、使いものになりませんでした。

とはいえ、会社に直接相談して大ごとにしてしまったら、希望しない部署に飛ばされる可能性もあるし、それは嫌でした。結局自分に残された選択は『泣き寝入り』しかなかったんです」

※写真はイメージです

※写真はイメージです

 今はフリーランスで働いている女性記者Cさんもかつてレイプまがいの行為を取材先から受けたと明かす。あまりのショックで長い期間、周囲にそのことを話せなかったという。

「こういう被害を受けた記者は私だけではないです。知り合いには、取材先から押し倒され逃げてきたけど、結局いまもそのことを会社には黙っている記者がいます。女性にとって告発することって本当に勇気がいることなのです」

 テレビ朝日は今回の件で財務省に抗議した。でもそれは被害を受けた女性記者が報道機関においてご法度ともいえる、“ネタの横流し”をしなかったら起こり得なかったことだろう。週刊誌に音声データを渡した時、彼女はクビ覚悟だったのではないだろうか。

 ひたすら財務省の批判ばかりしている媒体が目立つが、すべてのマスコミ男性幹部には、自社の体質についても改めて見つめ直してほしいものだ。

<TEXT/森聖子>

1
2
あなたにおすすめ