Lifestyle

何でもマネする「パクり女子」が本気で怖い。全く同じ服で現れてゾゾッ

仲の良い同僚まで横取りされて…

 チカさんは、仲の良い同僚のマユミさんがいました。毎日一緒にランチに出かけていて、マヤに対する不満をいつもマユミさんに愚痴っていました。上司は信用できないため、社内で心を開けるのはマユミさんのみ。 「マヤは、チカに憧れているんだよ。だから、もっと自分に自信を持ちなよ」と、いつも励ましてくれたマユミさん。 同僚 しかし、ある日突然、マユミさんはチカさんを避けるようになったのです。そして、お昼休みはマヤと行動を共にするようになりました。マユミさんと話がしたくても、いつもそばにマヤがいる。そのため、なかなか話しかけることができなかったそうです。  やがてチカさんは別の同僚から、「チカがマユミの悪口を言いまくっている」とマヤが吹聴していることを知りました。  マユミさんの悪口なんて言った覚えはありませんでしたが、日頃マユミさんにマヤのことを愚痴っていたため、陰では自分も悪口を言われているのだと、マユミさんは信じ込んでしまったのです。  マユミさんとよそよそしくなってしまったチカさんは、だんだん社内で孤立するようになったそう。デザインをパクられ、親友まで横取りされ……マヤに対する怒りから、チカさんは会社を辞める決意をしました。

フリーランスになっても、妨害は続く

 会社を辞めたチカさんは、フリーランスのデザイナーとして独立を決意します。会社勤めの頃のクライアントがチカさんを指名してくれたり、新たなお客さんを紹介してくれて、フリーランスとして幸先のよいスタートを切ることができたそうです。  しかし、風の噂でチカさんが会社を辞めた数ヶ月後にマヤもフリーランスになったと聞きました。しかも、チカさんと同じクライアントに挨拶回りしているそうです。 「今後、マヤに仕事を横取りされることがあるかもしれません」と、不安を隠しきれないチカさん。  マヤはチカさんに憧れるあまり、同じ人生を歩みたいと思っているのでしょうか。チカさんをマネにマネて、さらには追い抜きたいという野心を感じずにはいられません。 <文/ハルコ>
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ