Lifestyle

頭のいい小学生が解く問題に挑戦して、「発想力」を鍛えよう

答え:「ある」ほうは、すべて「かける」もの

 電話をかける、めがねをかける、掃除機をかける、布団をかける、ふりかけ をかける。 ===  この問題の正解率は、頭のいい小学生の低学年で25%、高学年で35%でした。  星野氏によると、今回のような問題は主に「分析型発想」という発想術を使って解くのだそう。分析型発想とは、問題に書かれたルールや法則を見つけて、答えを導き出すもの。  同書では、上記を含め、ヒラメキを鍛える4つの発想術が紹介されています。あれ、私何しようとしてたんだっけ? なんてことが増えたなら、パズルで頭を活性化してみては? <文/女子SPA!編集部> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
1
2
Cxense Recommend widget
頭のいい小学生が解いているヒラメキパズル

今、社会や大学で求められているのは
ヒラメキ=発想力のある人!
パズルを解くほどに脳が活性化して
「アレアレ病」ともおさらばです


あなたにおすすめ