Lifestyle

パパ活女性が、プロ並みに自己PRしてキャリアに生かす…米国の仰天事情

 パパ活という言葉が巷をにぎわせています。この現象は、日本だけと思いきや、アメリカでも似たような、いや、もっとアクティブな米国版パパ活があるのです。

ロスアンゼルス

写真はイメージです

恋愛先進国のアメリカ、恋愛ビジネスもかなり進化


 私が住んでいるロスアンジェルスはハリウッドの影響のせいか恋愛事情がかなり複雑化しています。

 異性のステディはいるもののカジュアルな同性愛をたしなんだり、特定のパートナーはいるものの他の相手とも肉体関係を持つことを互いに容認している関係(オープンリレーションシップ)を楽しんでいる人達がそこら中にいます。

 ある日、オープンリレーションシップを堂々と宣言中の私の友人(ギラついた50代独身男性/音楽関係者)の家で仕事の相談をしていると、ひょっこり現れた彼のガールフレンドの一人、アップル(仮名/20代)が、

「いつも仕事ばかりして大変そう。シュガーベイビーになって自分の時間を有効に使えばどう?」

と40代既婚者の私に軽く提案。

 驚きを抑え「シュガーベイビーって何?」と私が聞き返すと、彼女は得意げに説明してくれました。

パパほど年の離れた「ダディ」に援助される「ベイビー」


パトロンと愛人

写真はイメージです

 シュガーベイビーとは、シュガーダディと呼ばれるパパほどの年の離れたお金持ちのパトロン男性と割り切った交際を楽しむ若い女性のこと。

 食事やショッピングなどデートを楽しむのが基本ですが、合意のもとで肉体関係へと発展することもあるそう。(おそらく実情は肉体関係ありきだと思われます)

 しかし、ただの「パパ活」ではなくその関係は相手を思いやり、とってもスウィート。また、最近ではファッショナブルなダディが多く、とっても洗練されたデートが楽しめるのも醍醐味(だいごみ)だそう。

元シュガーベイビーが語る、自作HPでPR


アップルにインタビュー

パフォーマンス衣装を身につけてシュガー事情をレクチャーしてくれたアップル

 また私にシュガーベイビーになることを勧めてくれた20代のアップルは、かつてシュガーベイビーとして自作のホームページを活用して多くのダディ達と交際していたそう。

 残念ながら現在は工事中でアクセスはできないのですが、彼女はプロのフォトグラファーを雇って美しいセミヌードを公開していました。

「できるだけスレンダーに見えるようにアングルにこだわったのよ。私は下半身がぽっちゃりしているから、下から撮影してできるだけ脚を長く見せるように工夫したの」

「自慢の褐色の肌もできるだけキレイに見えるようにライティングにもこだわったわ。でも自然光で撮りたかったから、ビーチの目の前にある友人のバルコニーを借りて早朝の光で撮影したのよ」

 と真剣に語るアップル。実物よりも数段魅力的に写っていた写真をセンス良くレイアウトされたデザインははまるでモデルエージェンシーのHPのよう。

ダディはお金だけでなくメンターとしても活用


空中でリボンやシルク、フープなどを使うパフォーマンスの“エアリアル”

空中でリボンやシルク、フープなどを使うパフォーマンスの“エアリアル”。写真はイメージです

 そんな彼女の本業は、リボンを使ったアクロバティックなパフォーマンスを繰り広げる“エアリアル”のダンサー。自身のキャリアをどうやって伸ばすことができるのかと、ダディの一人にいつも相談していたそう。

「彼はいろんなイベントやパーティをオーガナイズするイベンターで世界中を飛び回っている人なの。会うたびに彼の仕事の話を聞いて、いつか私もパフォーマーとして世界中を飛び回りたいと思うようになり、デートのたびに色々アドバイスをもらっていたわ」

 そしてついに今年の春、彼からあるプロジェクトを頼まれて来日を果たしました。

「彼がオーガナイズしたイベントで“シバリ・アートショー”というのがあって、私はそのパフォーマーとして抜擢されたのよ」と誇らしげに語ってくれました。

縛り

写真はイメージです

“シバリ”とは、いわゆる昭和から存在する日本のエロスカルチャー(SMプレイの一種)の“縛りプレイ”のこと。それをアートのように美しく見せる健全なショーだそうです。

「実は彼と会うと、たまにふざけて私のリボンを使って“シバリ”ごっこをしていたの。彼はそこからヒントを得て実際にアートパフォーマンスとして形にしたのよ」

 東京で行われたショーは見事に成功したそうです。アップルはこの経験からさらに学び、LAに戻ってからは本業が発揮できる女性のためのイベントを主催するなど、充実した日々を送っているそうです。

 かなり奥が深いシュガー事情ですが、自分自身のために「パパ活」を賢く利用している自立しているシュガーベイビーズが多いことに驚かされました。

次のページ 
プロフェッショナルなシュガーベイビーが増加中

1
2




あなたにおすすめ