Beauty

夏が終わったらリバウンド…みんなのダイエット失敗の原因

 こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。

 夏の終わり=ダイエットの終わり。これからは、肌の露出も減るし、「少しくらい太ってもよい」と思っている方は多いのでは? そして、順調に体重増加……気付いたときには、「少しでは済まなかった!」なんて声を毎年耳にします。

 今回は、ヨガインストラクターである筆者が生徒さんたちから聞いた「ダイエット終了後、速攻でリバウンドしてしまった理由」を挙げていきたいと思います。

「自分へのご褒美」が増えた


「自分へのご褒美」が増えた ダイエット中に我慢していたスイーツやアルコール、ジャンクフード。A子さんの場合はまず、「ダイエットを頑張った自分に」と、大好きなスイーツをご褒美としてあげたといいます。

 しかし、その“ご褒美”は次第に回数・量が増え……。最終的には、なにかしらの理由をつけて毎日ご褒美を与えていたのだそう。その結果、なんと1週間で体重・サイズはダイエットの前に逆戻り。

 ご褒美を与える基準が低くなりすぎないように設定し、上手に取り入れていきたいですね。

一回休むつもりが長期離脱


一回休むつもりが長期離脱 ジムやトレーニング、運動は、ちょっとペースダウンしたい。頑張った体を休めるべく、運動量を少し減らすつもりが、「一度休んだら、すっかり足が遠のいてしまった」というB子さん。せっかく引き締まっていた体もみるみる緩んできて、「リバウンドした体を知人・インストラクターに見られたくない」と思ったことも長期離脱の原因になってしまったのだそう。

 自宅で簡単にできるストレッチやエクササイズであれば、さほどストレスなく続けられるはず。トレーニングに行かない日でも、適度に体を動かす習慣は継続したいですね。

ダークカラー&ゆったりファッション


ダークカラー&ゆったりファッション 秋は、モノトーンやアースカラーといったダークカラーのファッション、ゆったりニットにロングスカートといったファッションが増えますよね。

 すると、色による引き締め効果が得られたり、ボディラインがカバーされたりするため、「体型への意識」が薄まります。このような視覚的な錯覚、そこからくる油断も夏の終わりから秋にかけてのリバウンドの原因のひとつになったとC子さん。

 たまには明るい色で、タイトめなファッションをしてボディラインをチェックしてみては。

====

 せっかくダイエットに成功したのに、すぐにリバウンドしてしまっては悲しいですよね。また、短期間での体重の増減は健康上、望ましくありません。

 ダイエットをするときも、ダイエット終了後も極端なライフスタイルを送らないようにしたいものです。

<文/高木沙織>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】




あなたにおすすめ