Entertainment

依存症の治療で月1300万円の施設に入ったイケメン俳優。出演ドラマ終了で燃え尽きた?

 甘いマスクと肉体美で、女性ファンの心をガッチリつかんだ俳優キット・ハリントン(32)。ポスト“オーランド・ブルーム”ともいわれ、ここ数年、世界から熱い視線を注がれている英国男子のキットが静養することを発表した。  世界的ヒットとなったドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ(以下、GOT)』のジョン・スノウ役で知られるキット。GOTのシリーズ終了に伴い、ストレスやアルコール依存の問題と向き合うと決意し、治療のため施設に入所することにしたという。
キット・ハリントン

キット・ハリントン

 キットの代理人は「キットは、スケジュールの空きを利用して、個人的問題と向き合うためウェルネス施設への入所を決めました」と声明を発表した。  ある関係者がニューヨークポスト紙に話したところによると、キットは約1か月前に、ストレスや疲労、アルコール依存の治療のため、コネチカット州にある高級リトリート、プリヴェ・スイスに入所したそうだ。 「キットは『ゲーム・オブ・スローンズ』が終わったことに打撃を受けたようです」 「彼はふと気がついたんでしょう、『もうこれで終わり』なんだと。長年ずっと頑張ってきましたから。そして『次はどうなるんだ』と…」
 月々の費用が12万ドル(約1300万円)にも上るリハビリ施設で、キットは心理コーチング、瞑想、認知行動療法などの治療を受けているという。  そんなキットは先日、GOTの撮影を終えた時の心境を語っていた。 「撮影最終日。僕は何事もなく撮影を進めていったけど、最終シーンとなって過呼吸が始まった。そして『カット』となったら、僕は崩れてしまったよ。安堵と、もうこれをすることはないという哀しみが押し寄せたんだ」

すごい筋肉で女性を虜にした英国男子。家柄もすごかった

 イギリス・ロンドン出身のキット。父方の曽祖父は第12代ハリントン準男爵サー・リチャード・ハリントン、さらに数々の政治家や著名人を輩出している由緒正しき準男爵の家系という、すごいお家柄である。  大学で戯曲や演劇を学んだあと、舞台で主演を務め、2011年からはGOTに出演。GOTで人気に火がつくと、イギリスのファッションブランド『ジミーチュウ』の広告塔に抜擢され、俳優業以外でも活躍するように。  いまや「セクシー」で「イケメン」な英国俳優として、世界中から熱い視線を注がれるようになったキット。ポスト“オーランド・ブルーム”の呼び声も高い。  GOTで有名となったキットだが、2014年に出演した映画『ポンペイ』でさらにその名が知られるようになった。
キット・ハリントン

映画『ポンペイ』では筋肉で女性たちを魅了 ※画像はAmazonより

 火山の噴火で一瞬にしてすべてが灰となった悲劇の街、ポンペイを題材にしたこの作品で、映画初主演を果たしたキット。  厳しい食事制限と、トレーニングで鍛え上げられた体で、グラディエーターと呼ばれる剣闘士役を演じた。この映画の中でみせる筋肉隆々の肉体美に、世界中の女性ファンたちは釘付けになり、人気に拍車がかかった。  プライベートでは、GOTで共演した女優ローズ・レスリーと2018年に結婚。今回の治療において、ローズは献身的に夫のキットをサポートしているという。
ローズ・レスリーキット・ハリントン

キット(左)の妻ローズ・レスリー(右)
(C)Starstock

「彼の妻ローズは、とても献身的です。彼に親しい人たちは、みんな彼の休息を願っています。今は静かな時間を必要としているのです」  いっときはキットの浮気騒動もあったものの、2人は強い絆で結ばれているようだ。過去には、「ローズと出会ったGOTは自分の人生を変えた」とまで語っていたキットだけに、そんなGOTが終了して燃え尽きてしまったのだろうか?  GOTが終わったら「パパになりたい」とも話していたというキット。パパになる前に、いま直面している問題を解決することにぜひ注力してもらいたい。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ