Beauty

モテテクの失敗例4つ。ぷるぷるリップのハズが「油ギッシュ」と男性ドン引き

 ちまたにあふれるモテるためのテクニック。「モテたい」「好かれたい」と強く思うばかりに、わざとらしいモテテクがついつい裏目に出てしまうことも…。  やりすぎモテテクは、失敗すると裏目に出て、逆にドン引きされちゃうこともありますのでお気をつけて。そんなわけで今回は、今思えば恥ずかしいモテテク失敗談をお届けします。

ぷるぷるリップはモテる=油ギッシュ認定。

ふぉーちゅん・モテテク失敗談 モテ子の唇とは、キスしたくなるようなぷるっぷるのリップ。  雑誌でもよく見るこの言葉を実践しようと、メイク直しのたびにグロスをこれでもか! というほど塗りたくり、常にぷるっぷるのリップを保っていました。  しかし裏では「グロス塗りすぎて常に揚げ物食べた後みたい(笑)」とか、「べたべたグロスがつきそうで、あんまり近寄りたくないよなぁ」なんてことを言われてるのを知り、何事もほどほどにしないといけないんだということを学びました。(「ふぉーちゅん」編集部Y)

天然女子はモテる=痛い人認定。

ふぉーちゅん・モテテク失敗談 天然女子はモテる。  学生時代、そう信じて疑わなかったばかりに、常識レベルのことでも「え? なにそれ~しらな~い」「わかんな~い」と知らないふりをしたり、「おはよう」を「おやすみ」と言うようなわざとらしい言い間違いをしたり、語尾を必要以上に伸ばしながらゆーっくり話したり、急に不思議なことをSNSでつぶやいてみたり。  そんな天然女子を演じて自分ではイケてるとばかり思い込んでいたのですが、周りの男子からは「痛いヤツ」と思われてたみたいです…。(「ふぉーちゅん」編集部S)

ボディタッチはモテる=軽い人認定。

 お酒の席でのボディタッチ。 「ちょっとトイレいってくる」の時の太ももタッチ、「うそ~!」とリアクションした時の肩ポン、ちょっと酔ったフリした時の軽い寄りかかり。ボディタッチで落ちない男性はいないと思っていました。  確かにモテはしましたが、寄ってくる男はみんなチャラい、いわゆるワンナイト目当ての男性ばかり。しまいには影で「あいつはすぐヤレそう。」とか「貞操観念ゼロ」とか、言いたい放題言われてたみたいです…。(「ふぉーちゅん」編集部I)

上目遣いはモテる=目つき悪い認定。

ふぉーちゅん・モテテク失敗談 女の子の可愛い仕草のひとつとされる、上目遣い。  背が小さくて目の大きい可愛い女の子がやると本当に可愛いと思うんですよ…。ただ、そこまで背も小さくなく、目も小さい三白眼の私が上目遣いをすると、「え、どうしたん、怒ってる?」や「睨まれてるみたい(笑)」と散々。上目遣いがリアルに可愛いと通用する人はマジで限られてると思う。(「ふぉーちゅん」編集部T)  編集部が実際に試して失敗してきたモテテク。何事も、自然に、さりげなくがポイントですね。 <コンテンツ提供/ふぉーちゅん> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
ふぉーちゅん
コスメ・メイク・ビューティーなど20代~30代のオトナ女子に最新のトレンドをお届け。デパコスからプチプラまで人気ブランドの新作化粧品や限定情報も盛りだくさん。口コミや商品情報をランキングでチェックしたり、プレゼントキャンペーンに参加できる企画も。無料女子向けニュースアプリふぉーちゅん
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ