Lifestyle

結婚、仕事…将来が不安だらけの女性は「まず5年先だけ考えて」

女性の人生が恋愛で左右される可能性

 また水野さんは「女性は恋愛に人生を大きく左右される可能性があると、もっと自覚した方がいい」とも教えてくれます。 「キャリア理論の中には『キャリアの8割は偶然で決まる』という考え方があります。『偶然ついた部署の仕事が自分にあっていた』などがそうですが、女性であれば『夫の転勤についていったらその土地に永住することになった』などがあげられます。  こういった偶然が起きる可能性があるため、あまり頑なに長期計画を考えすぎず、同時に『何があっても自分を食べさせていく』という覚悟を持って、収入を確保しておく意識が大切です」 女性「結婚したらor子どもを生んだら仕事をやめる」という視点を持つ人も一定数いるものですが、仕方なくやめるならまだしも、ソレありきで計画を立てるのは、今はよくとも不安要素を増やすことになります。  夫が倒れたら経済的に危うくなりますし、そうでなくても社会生活が途切れることで、未来の自分の可能性を狭めることにもなりかねません。  なんだかお話を聞いていると、毎日仕事に取り組むことは、当たり前すぎて褒める価値もない……と思ってしまいそうです。立場にかかわらず、働くことって結構尊い行動なのだなと思ったりするのでした。 【お話を聞いた人:水野順子さん】 キャリアカウンセラー、オールアバウト女性の転職ガイド、こころとキャリア研究所主宰。 公務員、外資・内資企業と官民双方で相談業務・コンサルタントとして勤務した後、キャリアカウンセラーとして独立。女性向けのキャリアカウンセリングを行うとともに、多くの企業・自治体において研修・講演を行っている。著書に『3分で感情をリセットする心の整理手帳』『責めない しがみつかない 投げ出さない 自分らしい人生を受け入れ、楽しみ女性になるための48のコツ』 <文・イラスト/おおしまりえ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
おおしまりえ
水商売やプロ雀士、素人モデルなどで、のべ1万人以上の男性を接客。現在は雑食系恋愛ジャーナリストとして年間100本以上恋愛コラムを執筆中。ブログ
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ