Entertainment

間宮祥太朗「殺す」が口癖の高校生役に。「素の自分が出ていると思います」

女優さんとはどう接していいかわからない

――鹿野を演じた桜井さんとは、現場ではどんな感じだったのですか? 『殺さない彼と死なない彼女』より間宮「やりやすかったです。自分の性格的に、女優さんとどう接していいかわからないんですよ。すっごく女の子らしい人とかだと話題が浮かばなくて。なんだろう、コスメ、とか? 流行、とか? 共通の話題がわからなくて(苦笑)。  特に年下の女優さんだと怖がられることもありますし。どう接していいかわからなかったりするんですけど、桜井さんはベースがスポ根タイプなので(※桜井さんは学生時代ずっとバスケ部)、気を遣わずにいられました。僕ってすごい静かな日もあれば、急激にふざけたくなることもあるのですが、それをやっても大丈夫というか。だからとてもやりやすかったです」 ――読者は主人公たちよりも年上が多いですが、最後にメッセージをお願いします。 間宮「こういう学生時代の青春映画を楽しめるのって、実は大人なんじゃないかと思うんです。たとえば、誰かを大事にできなかった自分とか、大事にしていたけれど、そうした気持ちをなくしてしまった自分とか、“あのとき”という経験がある分、大人の方のほうが、ドラマの奥のほうまでいける気がします」 (C) 2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会 <文・写真/望月ふみ>
望月ふみ
70年代生まれのライター。ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画系を軸にエンタメネタを執筆。現在はインタビューを中心に活動中。
1
2
Cxense Recommend widget
『殺さない彼と死なない彼女』は11月15日(金)より全国公開 オフィシャルサイト


あなたにおすすめ