♂&♀

鼻くそを食べる夫とキスしたくない。離婚を考えています…|性活相談

1つ約束させる

 もし彼がこの提案を拒否した場合は、鼻くそをほじることは許して食べることだけを止める約束をさせ、指ではなく綿棒で取るようにさせましょう綿棒で鼻をほじってもらいましょう 綿棒についた鼻くそを食べるのは、指についた鼻くそを食べるのとはまた違う食感ですから、いくら鼻くそ好きでも嫌なんじゃないかなぁと予想します。  また、万が一指でほじってしまった場合も、食べるのではなくティッシュに包んで捨てるようにしてもらいましょう。そのためには、彼が鼻くそほじる場所にティッシュを配置します。手を伸ばすだけで届くようにたくさん配置してください。わざわざティッシュを取りに行くのが面倒だから食べちゃうんだという言い訳をなくしましょう。

人前でほじるのを止めさせる方法

 その次に、人前でほじるのを止めさせるようにします。そこで必要なのは羞恥心です。これを持たせるのはちょっと大変です。手っ取り早いのは大勢の人前で笑われることですが、もしその場にいたら妻という立場のあなたも一緒に恥ずかしい思いをするでしょうからあんまりオススメできません。 人前でほじるのを止めさせる方法 万が一そうなったら、あなたは二度と夫さんを受け入れられなくなりそうな気がします。現実的には、家族なんだから鼻をほじるぐらいいいじゃないかとか、あなたがどこらへんまで妥協できるか次第で2人で決めていく感じかと思います。

鼻くそ離婚、真の原因は他にあり!

 そもそも、なんでこんなことに労力を費やさなきゃならないんだと虚しくなるでしょうが、心から楽しい気持ちでキスやセックスをしたいなら、彼の成長に出来る範囲で付き合ってあげてください。  もう辛抱ならないとなり、鼻くそ離婚をもっと本気で考えたくなったらまた改めてご連絡ください。その時は鼻くそ以外のところに原因がきっとあるはずですので、また考えていきましょう。
森林原人さん

森林原人さん

<文/森林原人> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【性活相談者を募集!】 森林原人さんに悩みを相談したい方は、こちらのお問い合わせフォーム(https://joshi-spa.jp/inquiry)まで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【性活相談】を入れ、お送りください。 ※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。
森林原人
1979年生まれ。1999年にAV男優デビュー。出演本数1万本。経験人数9千人。セックスの虜になり道を踏み外したと思われているが、本人は生きる道を見つけられたとむしろ感謝している。著書に「イケるSEX」(扶桑社)他。性と向き合い、性を知り、性を楽しむためのサイト「リビドーリブ」とオンラインサロン「森林公園」を運営。★Twitter(@AVmoribayashi
1
2
Cxense Recommend widget
イケるSEX

女子SPA!の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」が書籍化!
経験人数10,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。「イク感覚がわからない」「彼がゴムを付けてくれない」「“30代処女”は重い?」etc.




あなたにおすすめ