Job&Money

人間関係が嫌でサラリーマンを辞めたらこうなった

 やっと景気が良くなってきたとはいえ、私たちの給料もどんどん上がるかというと……そう話は簡単ではない。特に、男性の給料はこの15年ダダ下がり中で、いまや男性の4人に1人が年収300万円以下。そこで、年収200万円台の40代男性に、その実情を取材してみた。

貯めに貯めた1800万円。年収激減でも心に余裕あり



●小暮学さん(仮名・46歳・年収250万円)のケース
(運送業・独身・神奈川県在住)

 年収600万円あった半導体商社を辞め、赤帽(個人事業主)になったという小暮学さん。ホワイトカラーからブルーカラーへの転職に迷いはなかったのだろうか?

「ありませんでしたね。会社員時代は主任で係長一歩手前までいったんですが、役付きになると残業代も出ないし、人間関係もよくなかったんです。クルマの運転は好きでしたし、学生時代に引っ越しのバイトをしたりもしていたので」

 300万円あった貯金から100万円で軽トラを購入。最初は顔を覚えてもらうために来る仕事はすべて引き受けていたという。

「でも、慣れるまでは大変でした。入金が3か月後の仕事もあったりして。しばらくして、長距離ものより近場でコツコツ定期の仕事をしたほうが儲かることがわかりました。フリーペーパーに放射線医療の薬、大型電器店の即日発送の商品……あらゆるものを運びましたよ。最盛期は年収900万円ぐらいあったでしょうか」

人間関係が嫌でサラリーマンを辞めたらこうなった そこで貯めたお金を定期貯金や株に分散させてしっかり貯蓄&投資。ところがリーマンショックの余波で仕事が減少。今は夜中の1時に起きて、小売店に新聞を配送する仕事だけをしている。

「年収は減りましたが、貯金はあるし親と同居なので無理に仕事を増やそうという焦りはありません。脱サラしてから付き合いも減ったので飲みにいくこともあまりしなくなりました。晩酌をして、競馬をする程度です。唯一、不満があるとすれば出会いがないことですね(笑)」

 年収は250万円でも、定期預金600万円に普通預金が100万円以上、外貨預金が200万円、額面900万円相当の株を持っており、資産合計1800万円。さらに勉強をして、貯蓄を投資に回したいという。

 心の余裕を生むのは、やっぱり貯蓄なのか……。たとえば婚活中の女性は、男性の勤める企業名や見た目の収入にこだわりがちだが、それとフトコロ具合は別物のようだ。

― 40代[年収200万円台時代]の衝撃【7】 ―




あなたにおすすめ