Entertainment

松田龍平が語る、綾野剛との初共演「とても難しい役だった」

 芥川賞受賞の小説を『龍馬伝』『るろうに剣心』『3月のライオン』の大友啓史監督が映画化した『影裏』が公開になりました。主人公が、突然姿を消した親友を探しながら、喪失と向かい合い、再生していく人間ドラマです。
松田龍平さん

松田龍平さん

 主人公の今野に綾野剛さん、親友の日浅に松田龍平さん。演技派のおふたりが初共演とあって、注目を集めている作品です。物語が進むにつれて、今野が知らなかった闇の部分を次第に見せていくミステリアスな人物の日浅を演じた松田さんに取材。  役についてはもちろん、共演した綾野さんの印象なども伺いました。

セリフではなく、その前後にある物語が大事

――予告編にも登場している「人を見るときは、影の一番濃いところを見るんだ」というセリフが印象的で日浅をよく表わしています。原作にはないセリフですが、観終わっても残ります。心に残るセリフだと意識しましたか? 松田龍平(以下、松田)「結果的に日浅を象徴するセリフになりましたよね。脚本を読んだときに、『日浅ってどんな人なんだろう』という部分が垣間見える場面だなとは思ったんですが、そこに意味を持たせ過ぎなくてもいいなとも思っていました。その前後にある物語が大事なので、なぜそういうことを言ったのかと」 ――日浅はつかみどころのない人物です。演じるにも大変だったかと。
『影裏』より1

『影裏』より

松田「謎が多い人ですよね。日浅のことは、日浅自身の口からではなく周りが『日浅はこんなだった』と語られる部分から形作られているんです。演じるうえで、人から見える日浅だけを体現するというのはとても難しかったですね」 ――どう折り合いをつけたのですか? 松田「脚本を読んでいる段階で思い描いていた風景とか、自分なりにこうかなと思っていたものが、現場に入ったらあまりしっくりこなかったんです。なので、1度全部捨てて、その場で感じたことだけを信じてやりました

綾野剛は自分の興味があることに正直な人

――今野を演じた綾野さんにはどんな印象を持ちましたか? 松田「しっかりしている人というイメージ。だから役もすごくきっちり作ってくるタイプなのかなと。でも実際には、現場で起きることに対して、すごく敏感にアンテナを張っていて、その影響を受けて芝居をしている印象がありますね
『影裏』より2

『影裏』より

――影響を受けるけれど、カットがかかればすぐに自分に戻る。 松田「そうですね。戻ってくるということは、そもそも自分というものが確立しているんだと思いますね」 ――これまでに共通のご友人がいてお会いするといったことは? 松田「昔、僕の家にふらっと遊びに来てくれた事がありましたね(笑)」 ――では割と、普段は綾野さんのほうが日浅の要素があるんですね。 松田「そうかもしれないですね(笑)。フットワーク軽くて、自分の興味があることに対して正直。そこに行動力を伴わせて、面白いなと感じたらすぐに行動する。そのジャッジが早いんだと思います」
次のページ 
心に残っている祖母からの言葉
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ