Entertainment

平愛梨、悲鳴。2歳長男がトイレに/有吉「後悔してる」写真集ショット公開

 新型コロナウイルス対策のため、東京メトロがラッシュ時に車両の窓を開けて換気するそうです。  一見ナイスアイデアに思えますが、地下鉄の駅構内ってレールの鉄粉が舞ってるんですよね(※慶應大学 奥田知明准教授のグループの調査による)。大丈夫なんだろか。  では、今週も振り返りましょう。どうでもいい芸能ニュース。

①平愛梨、長男の無邪気な遊びに悲鳴「叱ることも…」

日刊スポーツ 3/1(日)ほか
 1日、平愛梨(35)が自身のインスタグラムで、2歳になる長男の育児に苦戦する様子を報告しました。  ある夜、0歳の次男を寝かしつけていると、どこからか「ピシャッピシャッと」音が。その正体は、長男がトイレに両手を突っ込んで遊んでいた音だというから大変。すぐに服を脱がせてシャワーを浴びせていると、なぜか涙が出てきたという平さん。「叱ることもできない、でも、バッチィィってことも教えたい!」と、もどかしさでいっぱいになってしまったのだそう。  その後、“事件現場”のトイレの絵を描いて気持ちを落ち着かせた平さん。動揺が伝わってきますね。

②有吉弘行、みな実&ニコルに対抗心「俺だって写真集出したこと…」若き日のレアショット公開にネット騒然「これはアイドル」

スポーツ報知 3/4(水)ほか
 4日、有吉弘行(45)が自身のインスタグラムを更新し、過去に出した写真集からのセクシーショットを公開し、話題になっています。  有吉さんの楽屋をおとずれた藤田ニコル(22)と田中みな実(33)に対して、「写真集を出した時だけ楽屋挨拶に」とチクリ。そして、自らも「猿岩石」時代に写真集を出した過去を持ち出し、恍惚(こうこつ)の表情を浮かべた美少年風のショットを公開したのです。
「めちゃくちゃ気持ち悪くて後悔してるからな」と言いつつ、若いときには何でもやっておくべきだと教訓を語っていました。 “来るもの拒まず”のトークには、こういう経験が生きているのかもしれませんね。

③小林麻耶、新型コロナのデマ信じ…「話してる自分がみっともない」と反省

デイリースポーツ 3/2(月)ほか
 連日、感染拡大が報じられる新型コロナウイルス。同時に広まっているのが、数々のデマ。2日放送の『グッとラック!』(TBS系)で、小林麻耶(40)もダマされたと語っていました。  小林さんが信じてしまったのは、お湯を飲めばウイルスが消えるというデマ。医療に詳しいという知人から来た26度から27度というメールと、57度というメールにしたがって、熱い方の57度のお湯を飲み続けていたというのです。「話している自分がすごくみっともないです」と、恥ずかしそうに振り返っていました。  それにしても、人間の生き延びたいという欲求のすさまじいこと。ウイルスごときではくじけそうにありません。
次のページ 
弘中綾香アナ/志尊淳、岡田将生“まーくん”&平手友梨奈“てち”と
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ