Fashion

ノンワイヤーのブラが進化中。楽でもシルエットが綺麗なブラ5選

 昨今ではノンワイヤーのニーズが高まり、高性能なノンワイヤーブラが増えてきました。 ノンワイヤーでシルエットが綺麗な欲張りブラ特集 今日はノンワイヤーでつけ心地が楽! さらにシルエットまで綺麗なものや揺れにくいものなど、欲張りなオススメのブラジャーをご紹介しようと思います。

ノンワイヤーのメリットとデメリット

 まず、ノンワイヤーのメリット・デメリットは以下の通りです。 【メリット】 ・つけ心地が楽 ・圧迫しない 【デメリット】 ・シルエットが綺麗になりにくい ・揺れやすい(下垂する可能性がある) ※価格はすべて税抜きです

イチ押し、シルエットが綺麗なもちもちノンワイヤー

PEACH JOHN「いつでもジャストブラ」¥3,280

PEACH JOHN「いつでもジャストブラ」¥3,280

PEACH JOHN「いつでもジャストブラ」¥3,280
(画像:PEACH JOHNリリースより)

 体型が変化しても、±1カップ、アンダーは±5センチ伸び縮みしてくれるノンワイヤーブラ。もちもちの感触は触っているだけでも気持ちが良いのですが、着用してみるとピタッとフィットしてくれて、どんなバストでも合いやすいです。 PEACH JOHN「いつでもジャストブラ」¥3,280 しかし、ここで私が推したいのはそこだけではありません。今までのノンワイヤーと違うポイントは、圧倒的シルエットの美しさです! PEACH JOHN「いつでもジャストブラ」¥3,280 横から見たシルエットでもわかりますが、バストトップが比較的はっきりしているので上向きバストに見え、さらに乳間(左右のバストトップの距離)も近いのでツンとしたバストに見えます。  ノンワイヤーでもワイヤー入りのようなシルエットを手に入れたい方にオススメです。ただ、アンダーベルトは±5センチ対応する代わりに少しゆったりめです。試着をする際はカップを1つあげて、アンダーを5センチ下げたサイズも試してみるのがオススメです。

安定感とコスパ◎、チュチュアンナの「すっぴんメイクブラ」

チュチュアンナ「すっぴんメイクブラ(谷間タイプ)」¥2,400

チュチュアンナ「すっぴんメイクブラ(谷間タイプ)」¥2,400

チュチュアンナ「すっぴんメイクブラ(谷間タイプ)」¥2,400
(画像:チュチュアンナ公式サイトより)

 すっぴんメイクブラシリーズでは ・ナチュラルタイプ ・谷間タイプ  の2種類が出ていますが、私のおすすめは断然谷間タイプです。ナチュラルタイプと似た形だと、このあとご紹介するブラジェニックがオススメです。  厚めのカップとパッドでしっかりバストを寄せて谷間を作り、ノンワイヤーではありますがサイドボーン(カップ横のアンダーベルト内蔵されているプラスチックの薄い板)が入っているので、しっかりと安定させてくれます。つけ心地もしっかりしているので、安心感があるのもポイントです。

シルエットやつけ心地も選べるノンワイヤー

ダブルベーシック「ブラジェニック スムージング」3,600円~

ダブルベーシック「ブラジェニック スムージング」3,600円~

ダブルベーシック「ブラジェニック スムージング」3,600円~
(画像:ワコール公式サイトより)

 ワコールから出ているWベーシックというブランドです。デザインがたくさんあって、最近ではつけ心地やシルエットを選べるようになったのでより人気が高まっています。 ・ブラジェニック ・プラス(ボリュームアップ) ・ハーフ(ストラップレス) ・ワンデイ(体の動きにフィット) ・スムージング(背中に段差ができにくい)  など様々なデザインがありますが、中でも私がオススメしたいのはスムージングです。脇高設計ですが、レースを使用しているのでエレガントな印象になります。アンダーベルト部分に安定感がありつつ、ワイヤーの締め付けがないのがポイントです。
次のページ 
補正までできる、奇跡のノンワイヤーブラ
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ