40歳でデキ婚の沖直実が語る「女は35歳すぎて突然モテ始める!」

<35歳から婚活で勝つ女、負ける女の境界線(1)>

 35歳以上の未婚女性で、結婚を望む人のほとんどが「出産のチャンスがあるうちに結婚したい」と思っているのではないでしょうか。

 しかし一般的に、「30歳前後まで」といわれる婚期を逃すと、結婚にはなかなかたどり着きにくいと考えられています。

 最近では、「30歳ですでに婚活のメイン市場から外れる」ともいわれているほどです。

 あきらめたくないけど、あきらめざるを得ない……婚活でラストスパートをかけるか、一人で生きて行く覚悟をするかの狭間で、悶々とした日々を送るオーバー35歳女子も多いでしょう。

 そんななか「35歳を超えても、婚活市場ではまだまだ勝算がある。オーバー35歳から勝つ女、負ける女の分水嶺が存在する」と断言するのは、
自身も40歳のときに10歳年下の夫と結婚、41歳で第一子、45歳で第二子を出産したラジオパーソナリティの沖直実さん。

「自称・あきらめない女代表」の沖さんに、オーバー35歳からの恋愛と出産について伺いました。

沖直実さん

「女は35歳から急激にモテ始める人と、負け犬まっしぐらの人に分かれる」と話す沖直実さん

35歳を超えてから、急に年下の男にモテ始めた



――沖さんは、40歳のときに10歳年下の旦那さんと結婚したそうですが、もともと年下好きだったのでしょうか。

 30代前半では、年上が好きでした。年下の男性の場合、恋愛対象としていたのは、3歳下まででしたね。20代の若い男性を恋愛対象として見ることができなかったのは、“どうせ女性として見られないだろう”という諦めの気持ちがあったからです。でも、実際は違っていました。

――実際は違っていた、というのは?

 35歳を超えてから、急に10歳以上年下の男性にモテ始めるようになったんです。飲み会の席で出会った20代の子から、『今度は2人で飲みに行きませんか』とお誘いを受けることが増えたんです。最初は冗談だと思っていましたが、どうやら本気らしい。『35歳でも、20代の男の子にまだ恋愛対象として見られているんだ!』と実感せざるを得なかったんです。

――20代の男性からお誘いが増えるようになったのはなぜでしょうか。

 先にも言ったとおり、別に20代の男の子を狙っていたわけでもないし、モテるとは思わなかった。

 ただ、大勢で集まる場では、つねに話題が豊富で“面白い人”でいるように心がけていましたね。話題の引き出しが多いことは、年齢を重ねた女性の特権。

 そんな姿を見て、『もっと話してみたいな』と思ってくれた若い男性が多かったのかもしれません。

――なるほど。同世代との恋愛では味わえない刺激は、男性を満足させるかもしれないですね。

 オーバー35歳の独身女性は、経済的に自立している人が多いですよね。話が盛り上がって、もう少し一緒に飲みたいと思った時、終電を過ぎる前に帰るか、ホテルに行くかの選択だけでなくタクシ-で帰ればいいとか気軽に提案してもらえるのも、メリットの1つではないでしょうか。

 また、一般的に女性の性欲は、30代後半から旺盛になると言われています。一方で、男性の性欲は、20~30代前半が最も盛りの時期。つまり、20~30代前半の男性とアラフォーの女性は、性的にもとても相性がいいんです。

――20~30代前半の男性が、10歳以上年上の女性をパートナーにするメリットは何でしょう。

 1つは、無理してリードをしなくてもいい気楽さです。デートのためにお洒落なお店を探したり、予約をしたりするのが苦手な男性も多いですよね。年上のパートナーなら、安くて美味しくてくつろげるお店に女性が連れて行ってくれます。普段は行けない隠れ家的なお店や、気の利くマスターのいるバー、おいしいおでん屋等を案内してもらえるのも、冒険心のある若い男性にとっては刺激的かもしれません。

――そうしたなかで、旦那さんと出会うことができたんですね。

 そうですね。アラフォーの独身女性は、ちょっと前までは世間的には“負け犬”な感じでした。でも、私は20代の男性を恋愛対象に入れるようになったおかげで、“負け犬”の時期を楽しむことができました。若いノリがいい男子を見つけて年の近い独身の女友だちと一緒に、「青い芽をつむ会(笑)」と題した飲み会を開いたり(笑)。

 年齢差を気にせずに人づきあいを続けた結果、飲み会の2次会の席で、10歳年下の今の夫と出会い、意気投合。40歳でできちゃった結婚をして、41歳で第一子を出産したんです。

――でも、まさか40歳でデキ婚をするとは思っていませんでしたよね?

 もちろんです(笑)。前述のとおり私は30代を悔いなく過ごしたのですが、40歳を迎えたときにただ一つ後悔したのは、子供を産んでおけば良かったな、ということでした。ちょうどその矢先に妊娠できたのだけれど、それは結果論であって医学的にもすべての女性に可能性があるとは言えませんし、推奨するわけでもない。

重要なのは、「子どもがいなくても人生が楽しい」って心から思えるくらい、アラフォーを楽しんでいたということです。


――年の差恋愛は、経済的にも性的にもバランスがいい。思い込みを捨てて恋愛マーケットを広げることが、思いがけない出会いのチャンスにつながるのかもしれませんね(次回に続く)。

【沖直実】
おき・なおみ/東京都出身。ラジオパーソナリティ・司会のほか、「イケメン評論家」としても活躍中。「ノンストップ」などのテレビ番組や、「アンアン」などの雑誌で、イケメンに関する企画やコメントを行っている。2004年から開催している「沖直実のいい男祭り」では、自らキャスティング・企画・司会・進行を担当。同イベントには、過去に、斎藤工や城田優など、今をときめく俳優が出演したこともあり、「いい男祭りに出演すると売れる」と注目を集めている。
<取材・文/佐藤由衣 構成/安英玉(週刊SPA!)>

勝部元気
「30歳を過ぎると女性は結婚が難しくなる…
お見合い恋愛
お見合い=結婚じゃない!?「お見合い恋愛…
ジェーン・スー
「私たちがプロポーズされない理由」、謎の…
脱げるお肌
“脱げるお肌”の準備してる?脱毛は9月以…
ビューティ
sponsored
kumada
高橋愛や熊田曜子も絶賛!記者の“夏老け肌…
ビューティ
sponsored
ハピライズ
1年以内に結婚できる!?ゼロ円でできるガ…
ラブ
sponsored
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse