40代独身、貯金100万円で老後が怖い…今すべきことは?

 30~40代にもなると、男性も女性も、将来不安がむくむくと頭をもたげてくる。特に心配なのは、やっぱりお金のこと。周りの人はちゃんと貯金をしているのだろうか? 「平均値」からは見えてこないリアルなケースを集めて、ファイナンシャルプランナーに診断してもらった。 

独身生活の油断が浪費につながる



貯金 独身サラリーマンといえば、既婚者に比べて自由にお金も使えるし、貯金も簡単に貯まるはず。だが、なかにはその油断が足を引っ張り、つい浪費に走る人も。IT企業勤務の大山さん(仮名・42歳)は、年収480万円で、現在の貯金額は100万円。決して高収入ではないが、十分貯金ができる年収なのに、なぜこんな事態に?

「僕は年下の友達と遊ぶことが多いので、つい奢ってしまうんです。そのため、飲みにいくと一度に1万円近く散財してしまう。また、洋服が好きで、ワンシーズンに新しいアイテムを10万円くらいは買い足してしまうんですよ」

 そのため、以前はもらったお金は全部使い切るのが習慣だった。だが、数年前から少しずつ浪費癖を改め、月に3万円ずつ貯金をするように意識し始めたという。

「僕は、転職を何回かしていて、フリーで仕事をしていた時期も長かったので、普通の人より厚生年金が少なくなると思うんです。だから、少しずつ貯金しているんですが、なかなか思うように貯まらない。本当に老後が不安です」と悩みを語る大山さん。これに対し、ファイナンシャルプランナーの伊藤亮太氏は指摘する。

「大山さんの場合、やはり食費の6万円とお小遣い6万円が気になりますね。この収入なら、1か月の食費は4万円ぐらい。小遣いは3万円くらいあればやりくりできるはず。ここを抑えるだけで、毎月5万円は追加で貯金できます」

老後におびえる前に具体的な資金計画を



 ただ、大山さんが一番不安に思っていた年金については、「そこまで不安にならずとも大丈夫」と伊藤氏はアドバイスする。

「仮に85歳まで生きるとして、退職金が800万円、年金が月10万円で20年間もらえると想定できる。すると、自分で用意しなければいけない老後資金は1600万円ほどと考えられます。この人の場合、フリーの時期が長いので普通の人よりも厚生年金の支給額が少ないとは思いますが、不足分を考慮に入れたとしても、今から8万円ずつ貯金すれば、定年までに2000万円は貯まる。贅沢しなければ、十分老後は過ごせるはず。不安に思うだけではなく、具体的に年金ネットなどを見て試算し、『どのくらいお金が必要なのか』チェックすることが大事。3分で終わることなんですから」

<教訓>老後を不安に思う前に年金資金を計算し着実な貯金計画を!

― なぜか貯まらない人のお悩み白書【1】 ―

「おひとり」老後に5000万円必要!?貯められない人の12の共通項
「おひとり」老後に5000万円必要!?貯…
貯金
稼ぎはいいのに貯金100万以下。「なぜか…
小遣い
「小遣い」は手取りの何%にすべき?
体のラインより重要なのは…
「やばい…気持ち良すぎ」。中々イケない彼…
♂&♀
sponsored
ダイエット
あなたのお腹は“デブ菌”だらけ!?“ヤセ…
ビューティ
sponsored
占い
片思いが実ったワケ…私に自信をくれた“秘…
ラブ
sponsored
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse