過去世が見られると噂のツール「ヘミシンク」とは何か

 サイキックヒーラーの力を借りることなく、自分の過去世を見られたり、ガイドと交信ができる、と聞いたらどうします? そんな、スピ好きにはたまらない(?)夢のようなツールがあるんです。その名は「ヘミシンク」。

アメリカ発のオーディオ・ガイダンス技術



 これ、アメリカ・バージニア州にあるモンロー研究所で開発されたオーディオ・ガイダンス技術で、アメリカで特許を取得しているもの。ヘッドフォンで右耳と左耳から異なる周波数の音を聴かせることで特殊な脳波を発生させ、意識を特別な状態に誘導。それによって過去世を見たり、ガイドと交信できたり、体外離脱したり、“あの世”を見に行ったり(!!)……できると言われています。

 ナニソレ? 本当に過去世が見られるの? 興味津々の私、ライフアップコーチ・あべけいこ、去る9月27日、東京・神保町の書泉グランデで「ヘミシンク入門ミニワークショップ」が行われるという噂を聞きつけて、行ってまいりました。

東京・神保町の書泉グランデ7Fで行われた「ヘミシンク入門ミニワークショップ」

 さて、このワークショップ、アクアヴィジョン・アカデミー公認ヘミシンク・トレーナー芝根秀和さんの書籍『あきらめないヘミシンクパートII 自己流アセンション』(ハート出版)の発売を記念して行われたもの。

 ヘミシンクとはなんぞや?というところからはじまって、体験するためのコツ、オススメの聴き方や目的別CDの選び方などを教えてくれました。

 会場に集まったのは20~30名ほど。すでにヘミシンクを体験したことがある方から、まったく初めてという方まで、みな熱心に芝根さんの話を聞き、あれこれ質問。芝根さんが驚きのヘミシンク体験を披露してくれたりと、ワークショップは大盛り上がりでした。

 ワークショップ後、芝根さんにインタビューを敢行。気になるヘミシンクについて、あれこれ聞いてみました。

時間も空間も超えられる?



――ヘミシンクって、いったい何なんですか?

ヘミシンクの開発者、故ロバートA・モンロー

「ヘミシンクは、アメリカのロバート・モンローさんという人が1960年代後半から1970年代にかけて開発した音響技術です。特殊なオーディオ信号をヘッドフォンで聴くことで、左脳と右脳が同調して全脳が活性化され、さまざまな意識状態を体験することができるものです」

――「さまざまな意識状態」とは?

「専門用語だと“変性意識”と言うんですが、たとえば、深くリラックスした状態とか、瞑想状態とか、集中状態、知覚の拡大した状態とか……。知覚の拡大した状態になると、意識は肉体を超えて広がります。すると、遠くにあるものが見えたり、人が考えていることがわかるといった超感覚知覚や、いわゆる至高体験や至福体験、あるいはガイドやハイヤーセルフといったスピリチュアルな存在を感じたりするわけです」

右側がヘミシンク使用時の脳波パターン。全脳が活性化されているのがわかる

――すごいですね。過去世にも行けると聞いたのですが。

「意識がさらに広がると、空間だけでなく時間の制限も超えていきます。すると、過去にも未来にも行くことができるんです。正確には“行く”のではなく、過去世を追体験する、ものすごい実感を伴って思い出す、といった方がいいかもしれません。過去世体験は数あるヘミシンク体験の中の代表的なものの1つです。意識がもっと広がると、“この世”を超えて、向こうの世界、いわゆる“あの世” のことも体験することができます」

脳が生み出した妄想ではないの?



――どうして過去世に行ったとかあの世だとかわかるんですか? 脳に働きかけることによる妄想じゃないんですか?

「過去世の記憶を思い出したり、ガイドとコミュニケーションができたり、といった超感覚は、もともと人間が持っている能力です。私たち普通の人間は、いつもはその能力を忘れています。誰もが持っている潜在能力なんです。ヘミシンクは、そのような隠れた能力を、誰もが発揮しやすいように、音響のテクノロジーを用いて“誘導する”あるいは“サポートする”ものなんです。

 ところで、開発者のロバート・モンローさんのお話をしましょう。彼は、あるときから急に毎晩体外離脱をするようになったんです。まったく偶発的に。初めは精神病になったかと悩んで病院にも行ったが異常は見つからない。そのうち彼がいうところの光の存在を感じ、話ができるようになり、その存在に導かれて目に見えない世界を探索するようになります。これがヘミシンクのそもそもの始まりです」

――えっとー、つまり、どういうこと?

「モンローさんは、当時ラジオ局のオーナーで音響技術の専門家でした。そこで得意の音響技術を使って、自分の体験と同じことを他の人も体験できる仕組みを作れないかと考えたんです。言葉では伝わらない、説明するより実際に体験してもらうほうが早いと。そして研究チームを作って試行錯誤し、誰でも意識の世界を知覚し、体験することができるようなヘミシンクの技術とそのプログラムを作り上げたんです」

――なるほど。

アメリカ、バージニア州にあるモンロー研究所

「その過程で、精神医学や医療機関、物理学といった専門機関との共同研究も行われていて、理論的にも臨床的にも、その効果と有用性が証明されています。もちろん、安全性も。特許も3つ取得していますし、さまざまな専門機関でも利用されています。病院や教育機関でも使われています。リモートビューイング(遠隔透視)で有名なジョー・マクモニーグルも、モンロー研究所でヘミシンクを使ってサイキック能力のトレーニングを受けていたんですよ」

――そうなんですね!

「それとね、非常に面白いんですけど、グループでヘミシンク・ワークを行うと、参加者同士が同じ体験を共有したり、同じものを見たり、意識の世界で会話をしたりもします。セミナーでは日常茶飯事に起きていることなんです。このような経験を通して、ヘミシンクで体験することは、単なる妄想や思い込みではないんだということが、実感できるようになります」

見えないガイドに頭をどつかれた



――ちなみに芝根さんはどんな体験をされたんですか? 

芝根秀和さん(アクアヴィジョン・アカデミー公認ヘミシンク・トレーナー、モンロー研究所公認アウトリーチ・ファシリテーター)

「ヘミシンクを始めた初期の頃ですが、アメリカでセミナーに参加してCDを聞いている最中に、自宅を見に行ってみたら、妻が台所に立って何か長細いものを持って、なんだか分からないけど、何かしていた。日本時間では午前3時頃だったので、料理をしているわけではないし、何だろうかなと思っていたのですが、家に帰って聞いてみたら、ちょうどその頃、実家から送られてきた泥つき大根を台所で洗っていたという。本当に見えていたんだと驚きました」

――へえ~! ほかには?

「ガイドという存在が最初の頃はわからなかったんです。それでヘミシンクを聞いているときに、『ガイドがいるなら証拠を見せてみろ!』と言ってみたんです。すると、なんと、誰かに頭をどつかれたんです。思わず目を開けてみたんですが、誰もいません。半信半疑で、次にヘミシンクを聴いたとき、もう一度同じことを言ったんです。『ほんとにいるんだったら、もう一回証拠を見せてくれ!』と。そうしたらやはり頭をどつかれた。びっくりです。ああ、ガイドが存在を示してくれたんだ、と。それがきっかけになって、次第にガイドの存在を確信できるようになっていきました」

――誰でもヘミシンクを聴いたらすぐにいろいろ体験できるものなんですか?

「人によりますね。私の場合は、最初はまったく何の体験もできなくて、ほんと、落ちこぼれでした。でも、諦めずに自宅で聴いたり、セミナーに参加したりしているうちに、だんだんいろいろ知覚できるようになりました。その体験をつづったのが前著『あきらめない!ヘミシンク』(ハート出版)で、今回の『あきらめない!ヘミシンクパートII 自己流アセンション』はその続きです。よかったら読んでみてください」

――わかりました、読んでみます! 

 ヘミシンクによってさまざまな体験をし、そして人生が大きく変わっていったという芝根さんの話は非常に面白く、まだまだ書きたいことがたくさん……。ということで、近日中にインタビューの続きを公開しますね。お楽しみに。

●アクアヴィジョン・アカデミー公式HP http://www.aqu-aca.com/

<TEXT/あべけいこ>

【芝根秀和さん】
広告代理店系列のPR会社を経て2000年、コミュニケーション・デザイン会社(有)エル・アイ・ビイ(LIB Ltd.)を設立。2004年よりトランスパーソナル心理学の研究を開始。同時にヘミシンク・ワークに参加。2006年よりヘミシンク・トレーナーとしての活動を始める。著書に『ヘミシンク完全ガイドブック Wave I~VI』『あきらめない! ヘミシンク』『これならわかる!ヘミシンク⼊⾨の⼊⾨』『超時空体験マニュアル』(ハート出版)ほか。

自己流アセンション――あなたに一番の方法が見つかる本――

“落ちこぼれ”のヘミシンク体験記

ヘミシンクCD
不安・恐れの解消にも役立つ“ヘミシンクC…
山田剛さん
アメリカ発の夢実現ツール、HRTって何?…
「神様のギフト」を降ろしてくれるスピリチュアルカウンセラーとは!?
「神様のギフト」を降ろしてくれるスピリチ…
眼内コンタクトレンズ
近視にバイバイ!入れっぱなしでいい“眼内…
彼の前で堂々と晒せるカラダになりたい!
8kg痩せたペコもおすすめ!芸能人もハマ…
やかないサプリ
紫外線でおばさん顔になる!一番簡単な“飲…
ビューティ
sponsored

◆あべけいこ

有限会社スタープレス代表。女性誌や書籍、Web等に幅広いジャンルで執筆を行う傍ら、西洋占星術、気学、風水等の占術を学ぶ。また、独自に開運メソッドやスピリチュアルメソッドを研究。自身の経験とスピリチュアルメソッドを融合させた「ハッピーカウンセリング」を行なうほか、運気アップセミナーやワークショップを開催するなど幅広く活動中。占い&ネイルを融合させたネイルサロン『ネイルサロン パンナコッタ』のオーナーでもある。
著書に『悪運の払い方―あなたの「ついてない…」を必ず変える!!』(マーブルトロン)、『自分を好きになる48のメソッド』がある。MSNドニッチ!コラム『あべけいこの人生開運相談室』(http://donicchi.jp.msn.com/column/advice_backnumber.aspx)が人気。セッション、セミナー等の情報はあべけいこ公式サイト(http://abekeiko.com)にて随時公開中。ブログ「あべけいこ通信」(http://abekeiko.blogspot.com/

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse