キレイになりたきゃ魚を食べよう!実は簡単な魚食

 悪口、聞いたことがありません。

 先日、「魚を食べなくなっている」というニュースを耳にしました。魚を食べ過ぎて太った、病気になったという話はあまり聞いたことがありません。美容や長寿、ダイエットのためにも積極的に食べるべき食材なのに、どうしてなのでしょうか。

 そこで今回は、「魚食」を応援すべく、魚の魅力をご紹介します。

この5年で肉と魚が大逆転!



 まずは、自分の食生活を振り返って見てください。豚バラで野菜炒め、ベーコンやハムでパスタ、ウインナーを入れてスープ……。「肉」ばかり食べていませんか?実は、ここ最近、肉と魚の消費量が大逆転。たった5年間でこんな変化が起こっています。

⇒【グラフ】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=75098

魚食

<国民1人が1日あたりに摂取する魚介類と肉類の推移(g/日)>※厚生労働省調べ

 もちろん、一概に「肉食」が悪いとは言えません。肉を食べることで得られるメリットもありますから、要は「いかにバランスよく食べるか?」が重要。例えば、パン、パスタ、肉ばかり食べている方は要注意です。気がつけば、体重増加、血液ドロドロ、肌ボロボロなんてことになりかねません。ただし、野菜ばかり食べていても美しくなれませんから、「肉⇒魚」へのシフトは、ダイエットや美容を考える上で、非常に有効です。

魚に含まれる嬉しい栄養素



 魚には、アンチエイジングや血管を若く保つために必要な栄養素が含まれています。ダイエット中の方には淡白な白身魚と言われますが、積極的に若く美しくなりたい方には、「赤色(マグロ、サケ)」、「青色(アジ、イワシ、サバ、サンマ、ブリ)」の魚がオススメです。

<EPA、DHA>

 一言で言えば、「血管と脳を若く保つ栄養素」。青魚に含まれる油脂成分でマグロのトロやウナギにも含まれる。「悪いアブラ」ではなく、適量を摂取することで、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにしてくれる。また、記憶力の低下を改善する効果も。

<アスタキサンチン>

 サケ、エビ、カニ、キンメダイなどの表面に含まれているオレンジ色の色素成分。アンチエイジングや免疫機能強化、筋肉・目の疲労を軽減するなどの効果がある。ミス・ユニバース・ジャパンの食事指導でも、サーモンを使ったメニューが頻繁に登場。

魚料理は、手頃・簡単に食べられる!



 魚は「高い」、「臭い」、「難しい」と思っている方、決してそんなことはありません。そのままはもちろんのこと、焼いたり、蒸したり、煮たりするヘルシー調理法こそ、魚の方がカンタン、素人でも美味しく仕上がります。そこで、美容のことも考えた、手軽な魚食アイディアをいくつかご紹介します。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=75098

(1)青魚は「ストック缶詰」を利用する

 青魚をいつでも新鮮な状態で食べたい場合、「缶詰」の買い置きがオススメ。100円台で上質な製品が手に入ります。中でも、「ちょうした印のイワシ缶詰」は個人的にお気に入り。そのまま食べても美味しく、サラダやパスタソースの主役としても絶品です。

いわしトマト煮は毎日食べても飽きない美味しさ

(2)醤油麹でビューティー海鮮丼

 刺身は「高い、物足りない」と感じる方へ。家ごはんだからこそ味わえる「ビューティー海鮮丼」を作りましょう。味付けのポイントは「醤油麹」。海鮮丼のタレなど入りません。手頃なマグロのブツ切りや刺身切り落としを選び、アボカドを合わせ、醤油麹大さじ半分とわさびを加えて混ぜるだけ。熱々のご飯に乗せてたっぷり味わって!

醤油麹のおかげでトロける美味しさ!

(3)ダイエット中にこそオススメ!フライパンで作る「野菜たっぷり蒸し煮」

 無理なくダイエットをしたい方には、フライパンひとつで簡単に作れる、季節の野菜を合わせた「蒸し煮」を。美容的には、アスタキサンチンがたっぷり摂れる「サーモン」がオススメですが、どんな魚でも相性良し。味付けは、白だしと酒のみ。蓋をして10分強火で調理するだけ。最後にバターを少量乗せても大丈夫です。これ、本当に美味しいです!

旬の野菜とバターが美味しさの決め手

 「魚食」へのシフトは意識次第で誰でもできちゃいますから、さっそくお試しを!

<TEXT, PHOTO/スギ アカツキ>

キノコ
キノコでダイエット&インフル予防!賢い選…
回転寿司
「回転寿司で絶対に食べるべきネタ5」コス…
回転寿司
回転寿司でデブらない心得11。魚は何色を…
占い
恥ずかしいほど燃えた夜…。愛を取り戻せた…
ラブ
sponsored
ワキ
ゲゲッ黒ずんでる…脇や乳首の黒ずみを夏ま…
ビューティ
sponsored
むくみ
太って見える「むくみ」。放っておくと恐ろ…
ビューティ
sponsored

◆スギアカツキ

東京大学卒の食文化研究家。長寿美容食研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse