Gourmet

テレワーク中、5分で作れる「カニカマ」サンドはいかが?欧米では定番

 テレワークランチに、ぴったり。 シーフードカクテルサンドイッチ コロナ禍で定着した在宅勤務生活。出勤の手間などがないメリットがある反面、毎日のランチをどうすべきかは悩ましいかもしれません。オンライン会議が続く状況で、手早く作れて、美味しくて、片手で食べられて。しかもコスパ良し……そんなランチがあったら最高ですよね!  そこで今回は、私が最もオススメするテレワークランチ「シーフードカクテルサンドイッチ」の作り方をご紹介したいと思います。

コンビニやパン屋にはないユニークサンド。主役は、カニカマ

シーフードカクテルサンドイッチ 日本ではあまり見かけない「シーフードカクテルサンド」ですが、実はイギリスなどの欧米に行くと、サンドイッチ専門店などにたいがい置いてあるド定番サンド。主役となる具材は、今や世界規模で人気になっている「カニカマ」で、バータイプよりもフワフワほぐしやすいブロックタイプがオススメです。  これをマヨネーズとケチャップで和えるだけなのですが、マヨネーズだけで作るものとは別世界、甘くて華やかな味わいにハマる人は少なくないでしょう。例えて言うなら、サイゼリヤでおなじみのサウザンアイランドドレッシングに近い世界観かもしれません。それでは早速作っていくことにしましょう。調理時間は、たったの5分です。

調理時間は5分。手も汚れない

シーフードカクテルサンドイッチ 用意するのは、食パン、カニカマ、ケチャップ、マヨネーズ、コショウ。キュウリやレタスがあれば使いましょう。  キュウリはサンドイッチにはさみやすいよう適当にスライスしておきます。面倒であれば、挟まずに、サンドイッチのお供にかじるというのもアリです!(私は小腹が空いた時にキュウリをかじるのが好きです) シーフードカクテルサンドイッチ 大きめのボウルか器にカニカマを出してほぐしましょう。手が汚れるのが嫌な人は箸で十分ほぐせます。 シーフードカクテルサンドイッチ ほぐしたカニカマに、マヨネーズ:ケチャップを2:1の割合で加えます。カニカマ1パックにつきマヨネーズは大さじ2程度が適量なので、マヨネーズ大さじ2、ケチャップ大さじ1と覚えてください。カロリーが気になる場合は、カロリーハーフマヨに。マヨネーズ感を高めたい場合は、ケチャップ量を減らすなど味見をしながら作るのがベスト。この時点でコショウもふって一緒に混ぜてください。 シーフードカクテルサンドイッチ ここでも箸でしっかり混ぜ合わせればOK見た目も華やかで美味しそうな香りが漂います。
次のページ 
これを食パンの上に乗せましょう
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ