Fashion

今年のカーディガンはショートとロング、両方欲しい。着こなしのコツは?

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子(すみゆうこ)です。これから本格的な夏に向けて、厳しい紫外線にクーラー冷え、室内外の気温差など体に負担のかかりやすい時期になります。そんな私たちの体の悩みを守ってくれるのが、羽織りものの定番アイテムである「カーディガン」です。
カーディガン

画像:WEAR

 今回は、夏の時期にも欠かせないカーディガンのコーディネートを長さ別でご紹介いたします。

ショート丈カーディガンはボトムスとのメリハリをつくる

 王道のショート丈カーディガンは、トップスにボリュームがくる「Yラインシルエット」もしくはウエストがキュッと引き締まった「Xラインシルエット」との相性が良いです。 カーディガンコーデ1 丈の短いカーディガンはシンプルベーシックなデザインなのでコーデにメリハリをつくることでオシャレ感がアップします。とくに最近トレンドのパフスリーブカーディガンはボリュームのあるシルエットなので、ボトムスは逆にストレートパンツでミニマルにまとめてYラインをつくるとメリハリが生まれていいですね。
ショートカーディガン

画像:WEAR

 定番であるクルーネックのカーディガンは体にピッタリとフィットするデザインなため、フレアスカートなどふんわり広がるボトムスを選ばれるとコーデバランスが整いますのでご参考までに。

ロング丈カーディガンはスラリと背が伸びるようなコーデ

 そしてロング丈カーディガンのコーディネートは「Aラインシルエット」もしくは「Iラインシルエット」でスラリと背が伸びるようなコーデに仕上げるとより良いです。 カーディガンコーデ2 例えば、今季トレンドのAラインワンピースとの相性も抜群! ワンピースは基本的にショート丈のカーディガンとも相性は良いのですが、カーディガンの丈のバランスによっては野暮ったく見えてしまうので少し注意が必要です。その点、ロング丈のカーディガンは丈のバランスが悪く見えることも少ないのでどちらかといえばロングカーディガンと合わせるのがオススメ。
ロングカーディガン

画像:WEAR

 また、タイトスカートやストレートラインのワンピースをお持ちの方はぜひロング丈のカーディガンで下半身を適度にカバーアップさせましょう。よりシルエットが美しく上品に仕上がります。

両方あるとコーデの幅が大きく広がる!

 カーディガンはショート丈、ロング丈どちらか一方だけでも悪くはありませんが個人的には両方持っておくことをオススメします。というのもショート丈とロング丈では着こなしの印象が大きく違うので、コーデの幅もグンと広がりますね。  例えば同じワンピースでもショートカーディガンを組み合わせるとクラシカルに、ロングカーディガンを合わせるとモードに印象が変化するようなイメージです。羽織りものは何着あっても困ることはないので、ぜひこれを機に揃えてみてはいかがでしょうか? ぜひ、ご参考までに! <文&イラスト/角 佑宇子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
角 佑宇子
(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105
Cxense Recommend widget
【ファッションのお悩み募集!】
ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子さんが、あなたのファッションの悩みにお答えします。相談したい方は、こちらのお問い合わせフォームまで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【ファッション相談】を入れ、お送りください。コーディネートのこと、体型カバーのことなど、ファッションに関することであれば何でもOKです。
※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。


あなたにおすすめ