Lifestyle

12星座別・6/7~7/1はSNSでのスレ違いや口約束に要注意【水星逆行期】

SNSでのすれ違い こんにちは。占術家のエル・アシュールです。

 6月7日夜8時56分から、水星が逆行します。水星は、知性やコミュニケーション、情報を司る天体。水星が逆行期は、コミュニケーション、文書のやりとり、契約、通信、交通網などで混乱が生じやすくなります。

 逆行期間は6月7日から7月1日までです。今回の逆行では、水星は、蟹座、双子座と2つの星座を運行します。

【蟹座で逆行する期間6月7日20:56-17日18:53】

 感情面 や過去の記憶や思い出が仕事や話し合いを進める上で、混乱や停滞の原因になりやすい時期です。仕事でもプライベートでも、相手の言葉尻や上っ面だけを捉えていると、真意がつかめずチグハグなものになってしまいます。メールでも、SNSでも、人と交流する際は、「気持ち」や「感情」に寄り添うことを意識すると良いでしょう。

 また、良くも悪くも、過去の話が再び蒸し返される時でもあります。「この話、以前したはずなのに」と思うこともありそうですが、ウヤムヤになっていたり、中途半端なままで止まっている問題について、もう一度、話し合う機会を作るには良い時期です。

 そして、水星逆行期は、ケアレスミスや落し物、無くし物が増えますが、この時期は、記憶違いや部屋の片付けやリフォームなどがその原因となりやすいでしょう。大事な書類は、極力動かさないか、置き場所をしっかり決めておくと安心です。

【双子座で逆行する期間 6月17日18:53~7月1日21:54】

 双子座の水星はウイットにとんだ話術と頭の回転の早さが特徴ですが、逆行のときには、それが混乱を招きやすでしょう。この時期は周囲の状況も変化が激しく、思考も意見もそれに合わせて、どんどん変わりがち。口約束や安請け合いなど安易にしないのが身のためです。また、携帯電話やスマートフォン、自転車や自動車などの買い替えも慎重に。

 プラス面では、復習に最適な時期です。今まで学んできたことを振り返るのはもちろん、以前、熱心に勉強したり、使っていたスキルをブラッシュアップすると、今の仕事や趣味に生かせたり、広がりがありそう。

7月1日21:54 水星が順行に戻ります。

 この時期までに家族や身近な人としっかり話し合ったり、気になるテーマについて熟考を重ねておくと、感情と思考の間に葛藤がなくなり、スッキリした気持ちで前進できるでしょう。

 今回の水星逆行が与える影響を、12星座別に見ていきましょう。

12星座別・6/7-7/1 水星逆行期の運勢



●牡羊座
 水星は、「家」や「家族」の場所で逆行に転じます。家庭内の問題や住まいに関する話し合いが繰り返されやすい時期です。17日に水星が双子座へ移動すると、それについて情報を集めたり、学んだりといったことが始まります。

 でも、あなたが探している答えやヒントは新しいものよりも、過去のものの中にある暗示。古い資料など読み返してみては? 学習面は、これまで学んできたことの復習や反復トレーニングに精を出すとしっかりモノにできそう。

●牡牛座
 水星はコミュニケーションの部屋で逆行を開始します。なんとなく疎遠になってしまった人と再び交流するきっかけがめぐってきそう。ちょっとしたこでも、何かしら理由があれば、思い切って連絡をとってみては?

 対人面は、気が変わったり、気分が乗らず、約束やアポイントのキャンセルをしたくなったりしがち。その場のフィーリングで行動できるよう、予定や予約をあまり入れないほうがストレス知らずで過ごせます。17日以降は、なくしたものを見つけたり、買いそびれていたものを購入するチャンスがありそう。

●双子座
 双子座を去った水星が再び戻ってきます。片付いたと思っていた仕事や話題が再び戻ってくるようなことが起こりやすいとき。嬉しい話もある一方で、またかと、うんざりするシーンも。内容を充実させたり、より、時流にあったものにすることで、幸運を呼び込めます。

 また、過去に培った才能や特技を収入につなげるチャンスも到来しそう。昔していた仕事や業界に戻ることを検討することで可能性が広がる暗示も。

●蟹座
 水星が蟹座から、背後の座へ逆行して進むため、ナーバスになったり、なんとなく気になる情報が舞い込みやすいとき。スルーせず、しっかり向き合っておくと、6月下旬から始まる幸運期のフィナーレに向けて、気持ちや思考がクリアになり、迷いなく前進できます。

 17日以降は理想やヴィジョンからそれてしまったことを軌道修正する好機。一番、求めているものは何なのか、自分の心に繰り返し問いかけることで、方向性や意志が明確になりそう。仕事は集中力が散漫になり、ミスが増える危険が。休憩と睡眠はしっかりとって。

●獅子座
 潜在意識の部屋を水星が逆行するため、深層心理、癒しといったテーマへの関心が高まるかもしれません。現実的な目標に向かって、情報を集めたり、学ぶより、過去のトラウマや心の傷を癒やしたほうが停滞や不安から抜け出すのに有効です。スピリチュアルの本を読んだり、占いで自己分析してみるのもオススメ。

 17日以降、懐かしい人との再会が。今のあなたに必要な気づきをくれそう。積極的にコミュニケーションを。

●乙女座
「人間関係」の部屋で守護星・水星が逆行。グループ内や同僚からの噂や情報に感情を乱されたり、混乱しやすい時期です。また、あなた自身の何気ない発言が波紋を広げやすい暗示も。気持ちにまかせて言いたい放題は禁物。ポジティブで思いやりのある言葉を意識して増やすと幸運を引き寄せます。

 17日以降は、職場や公の場での発言に注目が集まりそう。約束や契約などはあとから調整したい点が出てきやすいとき。時間をかけて内容をしっかり吟味すべき。

●天秤座
 過去にしていた仕事を再開したり、古巣に戻る話が舞い込むかもしれません。前へ前へと進みたい衝動をコントロールしながら、キャリアや社会的立場について、じっくり検討しましょう。

 17日以降は、以前訪れた場所へ、旅行したり、再訪する機会がありそう。移動中は渋滞や交通網の混乱にまきこまれやすくなりますので、フレキシブルなプランを立てることをオススメ。地図や時間をつぶせるグッズは必携です。デジタルではなく、ノートとペンや本などアナログのものがオススメです。忘れ物を防ぐため、荷物は一つにまとめておくのがベスト。

●蠍座
 夏休みの旅行のプランや移動や移転に対して、計画や目的を見直す必要が出てくるかもしれません。新たな情報や知識を集めすぎると、改善ならぬ、改悪になる可能性もあります。変更は必要最低限にとどめておくのが無難。

 また、今までの信念や信条を見直したくなるような話を耳にすることも。こちらも振り回されず、静観する姿勢で。この時期は「ぶれない」ことが大切です。17日以降は機密情報や秘密がもれないよう、厳重注意。

●射手座
 この時期、何度も繰り返される話題や会話には深い意味があります。とくにパートナーが頻繁に使う言葉や口ぐせには、訴えたい思いや深い感情がありそうです。表面的に受け取らずに、「この人は何を伝えたいのだろう?」と、真意をしっかりくみとって。

 心に寄り添うこと、「共感力」はこの時期、あなたにとって、あらゆる人間関係を好転させる重要なキーワードになります。恋愛では、復縁のチャンスも。音信が途絶えてしまった相手にもう一度連絡を取るなら、この時期を有効に使いましょう。

●山羊座
 懐かしい人から連絡が入ったり、気まずくなっていた関係を修復する機会が訪れそう。相手の話にじっくり耳を傾け、受容する姿勢を見せることで、絆を取り戻せるでしょう。

 17日以降は、仕事でケアレスミスをしたり、二度手間が起こりがち。提出書類、アポイントの日時や場所など、直前にもう一度確認を。なかなか良くならない不調はセカンドオピニオンを。ダイエットはリバウンドしやすい時期。初心に戻ってルールをしっかり見直しましょう。

●水瓶座
 早合点や思い込みで仕事やルーチンワークが混乱しやすい時期。記録はしっかりとり、曖昧な点は、確認を怠らないように。愛情面では、年下の異性と接点ができやすいとき。再会した相手や過去にニアミスした人なら進展の可能性が高め。

 また、恋愛や投機は、噂や情報にも振り回されやすいとき。とくにネットやSNS関係は鵜呑みにしないことが大切です。

●魚座
 恋愛や子育てに関して、話し合う機会がもたらされそう。理屈ではなく、気持ちを伝え、また、相手の感情を受け止めることが建設的な結果をもたらす暗示。問題はクリアになるまで何度も繰り返されそう。粘り強く、揺らがずに思いを伝え続けましょう。

 17日以降は住まいやインテリアを変えたり、見直す話題がでやすいとき。物件の契約や不動産の購入などは7月に入ってからにするのがベスト。

<TEXT/エル・アシュール PHOTO/Prudencio Alvarez>




あなたにおすすめ