Gourmet

SNSで話題の“美しすぎるホットプレート”。見た目◎だけど使い心地は?

 気になるものは、試すべし。 ホットプレート「PRINCESS(プリンセス)」テーブルグリル 最近、妙に気になる調理家電があります。それは、オランダの家電メーカー「PRINCESS(プリンセス)」が作るホットプレート。“美しすぎるホットプレート”と称され、芸能人のインスタグラムにも登場するなどして話題になっています。  プレートが大理石のようにつるりと美しく、まわりには竹素材の台座が包む、なんともモダンなデザインですよね。そこで今回は、このホットプレートを実際に使ってみた感想を素直にレポートしてみたいと思います。はたして実用性は……?

プレートは全3種。私は黒のTable Grill Stoneを試してみました

 プリンセスのホットプレートは全3種。美しすぎると称される「Table Grill Pure」と、そのミニサイズ「Table Grill Mini Pure」、日本限定のストーンプレートを採用した「Table Grill Stone(黒・グレー・白)」。価格は、スタンダードサイズがいずれも22,000円、ミニサイズが14,300円(各・税込定価)です。どれにしようか散々悩み、黒のTable Grill Stoneのスタンダードサイズをチョイスしました。 ホットプレート「PRINCESS(プリンセス)」テーブルグリル 箱から出してみたところ、入っていたのは、竹素材の台座、ストーンプレート、スパチュラ6本、油受け皿(黒)、電源コード。すでにとってもシンプルで機能的な予感が漂います。  台座の中央に油受け皿をセットすることで、焼肉などで出てきた油がプレート中央の穴に落とされ、油受け皿でキャッチする設計になっています。これはヘルシー面で大きな魅力ですよね。では早速使ってみることにしましょう。

手始めにお好み焼きを作ってみた。焼き色はどう?

ホットプレート「PRINCESS(プリンセス)」テーブルグリル 焼肉やステーキは上手に焼けるだろう、という予測のもと、お好み焼きを作ってみることにしました。中央の穴を挟んで両サイドに1枚ずつが焼きやすそうですが、我が家は3人家族なので4枚を並べたところ、少々楕円形にはなりますが、キレイに並べることができました。そして、最も気になる焼き具合ですが、ひっくり返すと…… ホットプレート「PRINCESS(プリンセス)」テーブルグリル 山芋たっぷりの生地が、程よくこんがり焼けているではないですか! これはセラミックコーティングと遠赤外線を組み合わせたプレート(セラミック・ノンスティック加工)のおかげで、料理初心者でもムラなくキレイに焼くことができるんだそうです。このつるっとしたプレートのおかげで油も不要。くっつくいたり、こびりついたりしません。再びひっくり返してみましょう。 ホットプレート「PRINCESS(プリンセス)」テーブルグリル 美しい仕上がり! これまでのホットプレートとは一線を画する感じで、家庭的なお好み焼きをスタイリッシュに楽しむことができます。

真ん中の穴が気になって、料理がしにくいけれど……

ホットプレート「PRINCESS(プリンセス)」テーブルグリル 完成したお好み焼きは、限りなく私の理想に近い仕上がりでした。気になるところをあげるとすれば、真ん中の穴が気になって、料理がしにくいという点。しかしこれはオプションで購入できる「ストッパー」をつければ、安心して調理が可能になります。タジン鍋スタイルのフタとセットで3300円(税込)。コレさえあれば、焼きそばやもやし炒め、蒸し煮料理などもバッチリですね。私はすぐに追加購入をしました。
次のページ 
シンプルに、ソーセージやベーコンを焼いてみた
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ