Lifestyle

パンティ部分がないストッキングって快適?オススメ3商品は…

 夏になると脚を見せるタイミングも多く、ロングスカートやパンツで脚を隠すか、パンストを履くか……悩みますよね。  しかし、ストッキングを履くと足全体のムレだけではなく、いろいろなストレスがセットでついてきます。デリケートゾーンのムレ、お手洗いで引き上げようとしても「滑り止めでもついてるのか?」と思うほどなかなか上がらない、さらに無理に引き上げると破れる……などなど。  今日はそんな、どうしてもパンストは履かないといけないときでも「快適に過ごせるストッキング」の紹介をしていきます。

お手洗いでも下げなくていいストッキング!

ストッキング

※画像はイメージです

 ストッキングでどうしても厄介に思ってしまうのが、お手洗いに行ったときです。汗をかいた状態でパンティストッキングを引き上げようとすると、うまく上がらなかったり、爪が引っかかって伝線してしまったり、どうしてもイライラしてしまいますよね。  そんなときにオススメなのが、お手洗いでも下げなくていいパンティストッキングです。デリケートゾーンが穴あきになっているストッキングだと、お手洗いでもショーツを下げるだけで良いので、上手く履き直せないストレスを感じなくて済みます。  さらにムレやすいデリケートゾーンを涼しくしてくれるので、ニオイ予防にもなります。

パンティ部分レスのストッキングを履くときの注意点

 パンティ部分レスのタイプを履くときは、先にストッキングを履いて、その上からショーツを履きましょう。そうすることでお手洗いではショーツを下げるだけでよくなり、着脱時間を短縮することができます。  今回、紹介するのはこちらの3つ! ・福助 ・ATSUGI(レースガーター付き&パンティ部分レス)
左から、福助、ATSUGIレースガーター付きストッキング、ATSUGIパンティ部分レスストッキング

左から、福助、ATSUGIレースガーター付きストッキング、ATSUGIパンティ部分レスストッキング

 こう並べてみると、サイズ感や透け感、ウエストからストッキングが始まる部分までの長さがそれぞれ違いますよね。そちらにも着目しながら、紹介をしていきます(※以下、本文中の価格はすべて税込みです)。

UV加工が嬉しい!低身長さんにも

●福助「パンティ部レス ストッキング(サスペンダータイプ)」/1,320円

福助「パンティ部レス ストッキング(サスペンダータイプ)」/1,320円 (画像:福助公式サイトより)

福助「パンティ部レス ストッキング(サスペンダータイプ)」/1,320円
(画像:福助公式サイトより)

 ストッキングにしては少し高い1,320円という価格ですが、UV加工がしてあるので夏にはぴったりです。また、カラーが4色(ブラック・ヘーゼルブラウン・クリアヌード・ヌーディベージュ)から選べるのも魅力的。  履いてみると、薄く柔らかいのですっと履くことができ、長時間履いていても締め付け感が少なく、脱ぐときも汗で引っかかりにくかったです。  また、ウエストから太もものストッキング部分までの長さが3枚の中で一番短いので、身長が小さめの人でもストッキングがあまりにくいです。筆者の身長は152センチですが、脚の付け根のすぐ下からストッキング部分が始まるくらいの長さでした。  カバー力があってマットに見えやすいゾッキ編のストッキングですが、薄く糸にツヤもあるので透明感が出ます。
カバーしながら素肌感を出したい人にオススメです!

カバーしながら素肌感を出したい人にオススメです!

次のページ 
カバー力重視・可愛さ重視の人には…
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ