Lifestyle

子供の頃にだけ見えた男の子の白い影。亡くなった兄?

 子供は、大人には気づかないものに気付くのかもしれません。  その家ではいっぱい怖いめにあったけど、その子のことはちっとも怖く感じていなかった……。現在は結婚して都内で暮らしている彩子さん(40歳)が、埼玉県の実家で子どもの頃に体験したという不思議な現象について話してくれました。
子供、親子、女の子、女児と両親

写真はイメージです(以下同じ)

「私の実家はそんなに広くはないマンションの最上階にあったんですが、なぜか夜中になると屋上から大勢の人の足音がしたり、隣の家が隣接しているわけでもないのに、壁の向こうからこちらが揺れるほど叩かれる音がしたり……ちょっと変なことがよく起こる家ではありました。  母はしょっちゅう夜中にリビングで人魂が飛んでるのを見ていたり、私も金縛りに遭うのが日常的でした」  それゆえに、家で一人で留守番をするのがずっと嫌だったという彩子さん。実家で体験した心霊現象は数知れずで、思い出したくないことも多いそうです。しかし、そんな中でもふとした時に現れたという謎の白い影のことだけは、恐怖心を一度も抱いたことがないと言うのです。

男の子の白い影が通りかかる

「自分の部屋からリビングに行こうと襖(ふすま)を開けた瞬間、ふわっと自然に通りかかるんですよ。ほんとに一瞬なんですが、自分と似たような背丈の男の子だというのが直感でわかるんです。初めて見たのは幼稚園くらいでしたね。  それから年に何回かのペースで同じことがありました。最初はびっくりしたんですが、ただ通り過ぎるだけっていうのもあって、途中からは『あ、またいる』みたいな感覚でしたね」 子供の頃にだけ見えた男の子の白い影
次のページ 
死産だった兄?!
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ