Entertainment

EXILE卒業のATSUSHIはソロでいけるか?独特なセクシーボイスで勝負

これからは声ひとつで勝負するATSUSHI

 なかでもEXILE時代のベストに挙げたいのが、「I Wish For You」(2010年 第52回レコード大賞受賞曲)です。流麗でキャッチーなメロディの繰り返しに、ヘビーなサウンドという構成は、今聞いてもなかなかチャレンジング。  となると、歌もパワーで対抗したくなるところなのですが、ATSUSHIは“吐息スタイル”を崩しませんでした。それはEXILEというグループの看板であったと同時に、ユニークな響きを成り立たせる、重要な隠し味でもありました。  ときには、“またEXILEかよ”なんて陰口を叩かれたことがあったかもしれませんが、そこまで定着するには何らかの理由があるはず。そのひとつが、多くのフォロワーを生んだATSUSHIのボーカルだったのだと思います。  今後はグループという後ろ盾がない中、声ひとつで勝負するATSUSHI。月並みな言い方になりますが、果たしてソロでも通用するのかどうか。強烈過ぎるEXILEの“アク”は、活かすも殺すも彼次第。注目しましょう。 <文/音楽批評・石黒隆之>
石黒隆之
音楽批評。カラオケの十八番は『誰より好きなのに』(古内東子)
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ