Lifestyle

夫婦一緒に寝てますか?結婚○年で一人寝が急増

 あなたは結婚したら“夫婦一緒に寝たい”派? それとも“別々”派? ちょっと気になる結婚後の「寝室事情」がアンケートによって明らかになりました。

夫婦の寝室事情

“夫婦が同じ部屋で寝ている”が圧倒的多数



  この調査は女性向けサイト「ラルーン~女性の悩みケア~」が全国の女性に行ったアンケートを集計したもの。回答数は6332人と結構な数です(年齢は不明)。

 まず最初に「旦那様と同じ寝室で寝ていますか?」という質問には

・YES 87%
・NO  13%

 イマドキ夫婦は共働きだったり、自分の時間を持ちたいという気持ちがあったりで、別々に寝ていることが増えていると思いきや、意外!? にもほぼ9割近くが一緒の部屋で寝ていると回答。これは一体どういうことなのか? そんなに世間の夫婦はラブラブなのか?

続いて「誰と同じベッド(布団)で寝ているか」というと……

・ダンナ 60%
・ダンナと子供 20%
・1人で寝ている  12%
・子供 8%

 ダンナと寝室は同じでもベッド(布団)は別々、という夫婦は20%。一緒に寝ている子供の平均年齢は1.4人、という結果でした。結婚したらダンナと一緒、子供ができたら「川」の字で寝るというのが標準的な日本人夫婦のパターンのよう。

結婚10年を超えると一人寝が増える



でも、同じ質問を結婚年数で区切ってみると興味深い結果が……

<【結婚年数別】同じベッド(布団)で寝ている人は?>

【結婚年数別】同じベッド(布団)で寝ている人は? 10年目まではダンナや子供と一緒、という人が7割を超えますが、子供が小学生~中学に入学するあたりの11年目以降で38%が「1人で寝る」派になり、子供が大きくなった21年目以降では55%が別々に寝るという結果に。

 これって、“子供が小さい間はダンナや子供と一緒に寝ているが、子供に手が掛からなくなったら晴れて別々に”という、女性側のホンネが裏に隠れているのでは?と、(独身男の筆者は)想像してしまいます。

 部屋が狭いという住宅事情によって、「ダンナと一緒に寝ざるを得ない」という女性も少なくないのかも? 

 とはいえ、11年目以降でも4割の女性が「ダンナと同じベッド(布団)で寝る」と回答しているんですよね。世の夫婦の4割が、結婚したときのラブラブっぷりをキープしているのでしょうか……。

 仲の良い夫婦を長く続けるには、案外、狭くて部屋数の少ない家に住んだ方がいいのかもしれませんよ。

<調査概要>女性向けサイト「ラルーン~女性の悩みケア~」
調査方法:インターネット調査
調査期間:2014年5月
有効サンプル数:6332件

<TEXT/関谷知生>




あなたにおすすめ