Gourmet

喜ばれる「ばらまき義理チョコ」5選、お手頃価格だけど安っぽくない

 学生時代は友チョコでわいわい楽しんだり、気になる人に思いを伝えドキドキしたりするような、青春の思い出として心に残るバレンタイン。しかし社会人になると、ある意味で苦労するイベントに変わってしまった方もいるのではないでしょうか? もらって嬉しい「ばらまきチョコ」5選、1個あたり500円以下でも高級感あり 職場で配る義理チョコとはいっても、センスが問われるので妥協はできませんよね。そんなバレンタインの義理チョコに悩んでいる方に向けて、1個あたり500円以下で購入できるコスパのいいチョコブランドを5つご紹介します。

ばらまき義理チョコのおすすめNo1「モロゾフ」

ばらまき義理チョコのおすすめNo1「モロゾフ」 モロゾフは大容量タイプではなく、ひとりひとりに手渡しできるようなチョコレートです。個別に渡すと高くなってしまいそうに思えますが、1個540円以下で購入できるチョコがたくさんあり、予算オーバーになる心配はありません!  写真は「プレーンチョコレート 6個入り」324円(税込)。ひとりずつ個別に渡すのがルールだった職場でのバレンタインのとき、かなり助かりました…。 「プレーンチョコレート 6個入り」324円(税込)。 324円とは思えない高級感のあるパッケージと6粒もあるボリュームは、義理チョコとして申し分ありません。モロゾフではトリュフのアソートメントやクリスピーなども約500円で購入できるので、上司と同期とで分けて渡すことができます。

ばらまき義理チョコなら大容量の「リンツ」

ばらまき義理チョコなら大容量の「リンツ」

(画像:リンツ公式サイトより)

 カラフルな包み紙とキャンディのような見た目がトレードマークのリンドールは、リンツの定番チョコレート。ひとりずつ渡せるギフトバッグのチョコから、大人数の職場でも配りやすい大容量のチョコまであり、バリエーションが豊富で義理チョコとして選びやすいブランドです。  なかでもおすすめは、たくさんのリンドールがつまった「リンドール ギフトボックス50個入り」5,400円(税込)です。1個あたり108円でかなり安いですよね。  1人1個だとちょっとさみしいですが、8種類の中から好きな味を2~3個とってもらえるほどたくさん入っていて、職場用の義理チョコとしてぴったりです。
次のページ 
ハズレなしの定番チョコ
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ