Entertainment

歌手・藤井風が今年ブレイク確実のわけ。“鬼才”の動画にしびれる人続出

 現在放送中の高畑充希さん主演ドラマ『にじいろカルテ』(テレビ朝日系、木曜夜9時~)で主題歌の『旅路』を担当し、音楽ライト層からも俄然注目を集めているシンガーソングライター、藤井風(ふじい・かぜ)さん(23)。
藤井風(ふじい・かぜ)

シンガーソングライターの藤井風さん(画像:リリースより)

 2019年11月にメジャー初音源となった『何なんw』でいきなり脚光を浴び、「MTV VMAJ 2020」にて、そのMusic Videoは「Best R&B Video(最優秀R&Bビデオ賞)」を受賞しました。  人気と評価を集める藤井さんですが、音楽番組が減り、能動的に音楽を聴かない限りは、新しい情報も入りにくい今、「名前は聞いたことあるけれど……」という読者もいるはず。いや、今からでも乗ったほうがいいです。

都会的メロディの中の、一人称「ワシ」

 1997年、岡山県の長閑な町・里庄町で生まれ育った藤井さん。活動の場を東京に移して放った1st配信シングル『何なんw』は、都会的でハイセンスなメロディに、タイトルからも伝わる、岡山弁を取り入れた楽曲です。  藤井さんの言葉は、一人称の「ワシ」を含め、「何なん」「もうええわ」「おどれ」「おっと」など、ワン単語、ワンフレーズに強いインパクトを乗せることが多く、なんともクセになります。
藤井風

藤井風1stアルバム『HELP EVER HURT NEVER(通常盤)』/Universal Music

 順調にシングル、EPを配信していった藤井さんは、昨年5月に1stアルバム『HELP EVER HURT NEVER』を発表。6月1日付の「Billboard JAPAN総合アルバム・チャート」“HOT ALBUMS”で総合首位に。9月には「報道ステーション」でも取り上げられ、10月29日には日本武道館でワンマンライブを開催しました。

12歳の頃からYouTubeに動画をアップ

 そんな藤井さんは、幼い頃からジャズ、クラシック、ポップス、歌謡曲、演歌など、さまざまな音楽に親しみ、高校時代にはブラックミュージックにはまっていたとか。ピアノもサックスもこなし、英語もペラペラ。そうした姿は12歳の頃から動画をアップし続けているYouTubeで数多く拝むことができ、クラシック曲をピアノ演奏する際にも、当時から、パッションのままに弾く力強さが伝わってきます。  動画には、Taylor Swift、Billy Joel、Earth Wind & Fireから、フジファブリックやaikoさん、椎名林檎さん(林檎さんの曲では女装したり、ギプスをしたり)らの楽曲、「アダルトちびまる子さん」なる、ちびまる子ちゃん??に扮しての『おどるポンポコリン』など、カヴァー曲のピアノ弾き語りもふんだん。  藤井さんの『何なんw』を聴いたときに、ORIGINAL LOVE(田島貴男)的要素を感じた人もいると思いますが、そのORIGINAL LOVEの『接吻』もカヴァーしています。ちなみにYouTubeの英語字幕は、藤井さん本人が付けているそうです。
次のページ 
ルックス抜群で、見映えもばっちりのMV
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ