Beauty

顔のうぶ毛って処理する?お肌が傷つきにくい“透明肌”のつくり方

 美肌づくりにはスキンケアや栄養補給も大切ですが、手っ取り早くきれいな肌にみせるには「産毛処理」も効果的な方法です。顔の産毛処理をすると、肌のトーンアップや化粧ノリアップ、汗や皮脂による崩れ防止のメリットがあります。 顔の産毛って処理する?美容ライターが教える“透明肌”のつくり方 とはいえ、顔の皮膚はボディよりも敏感なので、丁寧な処理と注意が大切です。肌を傷つけずに産毛処理ができるおすすめのフェイスシェーバーと正しいやり方について、美容ライターの筆者がご紹介します。

産毛や眉毛処理に、愛用しているフェイスシェーバー

産毛や眉毛処理に、愛用しているフェイスシェーバー 貝印「bi-hada ompa L」1,320円(税込)は、1秒間に約100回の音波振動を利用して産毛処理ができるフェイスシェーバーです。実は安いという理由だけで貝印の電動シェーバーを購入したので「ちゃんと剃れるかな」と不安でしたが、1年経った今でも問題なく使え愛用しているアイテムです。 敏感肌の人は電動シェーバーがおすすめ T字カミソリは肌に直接あてて剃るので、角層まで削れダメージを与えてしまいます。一方、電動シェーバーは音波振動により直接肌に触れる回数が減るため、敏感な顔の産毛処理に向いています使い終わったあとはサッと水洗い 使い終わったあとは、サッと水洗いができお手入れが簡単に済むことも魅力。重さ35gと一般的なフェイスシェーバーと比べて軽いので、ポーチに入れて持ち運べます。
次のページ 
これだけ守って!肌を傷つけない方法
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ