Entertainment

人脈女王・近藤春菜、友人の水川あさみと共演「手作り料理も貰った」

パフュームが心の扉を開いてくれた

――最初の一歩はしり込みしてしまいそうです。 パフュームが心の扉を開いてくれた近藤「パフュームさんが私の心の扉を開いてくれました。『ご飯行きましょうね』って社交辞令になりがちですよね。でもパフュームさんから『何日どうですか』と日を言ってくれたんです。本当に行っていいんだと。実際、すぐにご飯に行きましたし、すぐに仲良くなりました。そこからは、友達の友達といった形で仲良くなっているので、自分の人脈というより、みんなの人脈なんです」 ――一歩を踏み出せない人にアドバイスをいただけませんか。 近藤「もし友達が欲しいと思っているなら、モジモジしている時間がもったいないと思います。この人が好きだと思ったら、もう行くしかない。好きって言われて、嫌な人はいないと思います」

普通にメールで「大好きだよ」と伝える

――現在は、なかなかみんなでご飯にも行きづらい状況ですが、付き合い方を工夫されていますか?
コロナ禍の人付き合い「大好きだよ」

『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』より

近藤「テレビ電話は、以前からよくしていたんです。だからそこに変化はないですし、お互いを思い合っているというか、繋がっている感覚は以前からちゃんとあるんです。言葉にしていたし」 ――言葉に? 近藤「普通にメールでも『大好きだよ』とか、『いつも感謝してるよ』とか『ありがとう』とか、そういうのはお互いに伝えています」 ――そうなんですね。では特別変化はない? 近藤「会えないときに、お取り寄せのものをお互いに送り合ったりはしましたね」
次のページ 
水川あさみから貰った手作り料理
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ