Love

初デートで、公園の植え込みにダイブしちゃった酔っ払い女子の大後悔

 つい酔っ払ってしまい、普段は絶対しないような失敗をやらかしてしまった経験はありませんか?  今回は、そんな女性2人のエピソードをご紹介しましょう。
アルコール お酒 デート 飲みデート ワイン

写真はイメージです(以下同じ)

気になる男性と飲みに行くことに

 E理さん(26歳・飲食店勤務)の場合… 「私の勤めているイタリア料理店もコロナの影響で売り上げが落ち込んで、コロナ対策で作業量も増えキリキリしていて…」  そんな暗い空気の中、常連客のYさん(31歳・メーカー勤務)に飲みに誘われました。 「Yさんとはお店では何度も話した事がありますが、個人的に誘われたのは初めてでドキドキしてしまいました」  実はYさんの事が気になっていたので、喜んで誘いに乗りました。 「Yさん行きつけの飲み屋で、密にならないように個室で飲み始めたら…こんなリラックスした楽しい時間久しぶりで盛り上がってしまって」  閉店時間になっても飲み足りない2人は、コンビニで缶ビールを買い、近くの公園で再び飲み始めました。

植え込みにダイブしたら…

「するとちょっといい雰囲気になってきて…今度昼間に車で海を見に行こうという話になって、私ついテンションが上がっちゃったんですよ」  酔った勢いも手伝って、喜びを抑えられなくなったE理さんは「フゥー!」と奇声をあげながら思いきり公園の植え込みにダイブしてしまったんだそう。 酔ってやらかし「そしたらYさんドン引きしてしまって…ホントやってしまいました。実は私、学生の頃、酔うとすぐあちこちにダイブしていたんですよね。しばらく忘れていましたが」  コロナでストレスが溜まっていたのか、久しぶりにおかしな酔い方をしてしまったE理さん。 「なんであんな大事な局面で、あんな醜態(しゅうたい)さらしちゃったんだろうと悔やんでいます」  しかもE理さんが出勤していない日に、Yさんが植え込みダイブエピソードをお店の皆んなにバラしてしまったそうで…。 「仕事仲間にくすくす笑われて、とんだ赤っ恥ですよ。Yさんは今でもお店には来てくれますが…デートの話は消えてしまいましたね」  続いては、酔って気が大きくなって、つかなくてもよい嘘をついたがために、彼氏の信用を失ってしまった女性の経験です。
次のページ 
酔ってついた嘘から彼氏の髪を切ることに
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ