Lifestyle

4月から値上げ!めちゃ高いATM手数料と、首都圏のバス料金に気をつけて

● コンビニのATM手数料:最大330円に大幅値上げも

 もうひとつが、大手コンビニには必ずあるATMの利用手数料です。 banking例)三菱UFJ銀行、時間外と土日祝日は330円!  例えば、三菱UFJ銀行は、4月からセブンイレブンやローソン内でのATM利用手数料を改定しました。  平日8時45分~18時は110円から220円に、時間外と土日祝日は220円が330円と最大50%もの値上げです。ただし、銀行の経費削減で支店数を減らしていることもあり、時間帯によっては手数料が値下げになっています。  すでに毎月25日と毎月末の8時45分~18時はセブンイレブンやローソンのATMでおろしても無料となっており、この両日は時間外でも220円から110円に値下げもされました。 例)三井住友銀行も時間外と土日祝日は330円!   三菱UFJ銀行と提携を強める三井住友銀行も、この流れに合わせた改定がされました。こちらは、セブンイレブン、ローソンに加えてファミリーマートなどに設置されているイーネットでも同じような値上げとなりました。  平日は220円、土日休日などは330円への大幅値上げ。ただし、こちらも、多くの会社の給料日に当たる毎月25・26日の8時45分~18時は無料、この両日は時間外でも110円と値下げも混在します。  値上げと値下げが混ざっている目くらまし値上げとなっており、非常にわかりにくいのです。いちいち、今は無料の時間帯だっけ? このコンビニは? などと細かく覚えるのは面倒この上ないと思いませんか?  金融機関はこの20年、超低金利が続いたため、銀行本来の金利差による儲けがほとんどない上に、大手企業の資金調達で証券化が進むなど、経営環境が変わったことから利益を手数料に求める流れが進んでいます。  しかし、どう考えても1回330円の手数料とはもったいない。

● ATM手数料で損しないおすすめ銀行① 新生銀行

 私は、自分のお金を利息もくれない銀行に預けて、その口座から引き出すのに330円もの金を払う、なんてことはもったいなくてできません。我慢できない。だから、銀行からお金を引き出すために手数料を払ったのは、人生で2回きりです。  もちろん今も、夜中も休みの日も必要とあればお金を引き出しますが、手数料を払わなくていいものを利用しています。読者の皆さんにそれらを紹介したいと思います。  こうした銀行のキャッシュカードの引き出し手数料無料の話となれば、いつも出てきたのが新生銀行でした。私も20年以上、強力にプッシュしてきました。  新生銀行の口座を持っていれば、キャッシュカードで、全国のコンビニのATMからいつでも誰でも引き出し手数料が無料だったからです。  これが先年変更されました。新生銀行との取引実績によって、顧客を選別するようになったのです。  無料なのは、取引実績がゴールドステージ以上であること。ゴールドステージとは、例えば毎月の平均預金残高が100万円以上であることが求められます。つまり、100万円を新生銀行の普通預金口座などにいつもキープできる人だけが、今でもコンビニATMを無料で利用できるというわけです。  注意点は、ファミマ設置のATMからの引き出しはイーネットである事が条件。中には緑色のゆうちょ銀行のATMが設置されている店舗があり、その場合は有料となります。また、この1月下旬からは、今まで無料だった銀行のATMからの引き出しが、ゴールドステージであっても有料となりました。  ただし、ゴールドステージは今でも月5回まで、新生銀行のネットバンクでの手続きで、ほかの銀行の口座への送金が無料になります。家賃や月謝の支払いなど定期的に振込が必要がある場合には、大変嬉しいサービスです。
次のページ 
ATM手数料で損しないおすすめ銀行②
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ