Gourmet

<食べ物クイズ>ウインナーとソーセージ、どう違う?

A.ウインナーはソーセージの一種

ウインナー ウインナーはソーセージの一種で、正式名称は「ウインナーソーセージ」です。ウインナーは、羊腸を使用したもの、または太さが20mm未満のものを指します。  ソーセージを簡単にまとめると、ひき肉を調味料や香辛料で味付けし、練り合わせたものをケーシング(表皮部分)に詰めたもの。ケーシングは、羊や豚など動物の腸を使用するほか、人工のもの(コラーゲン、セルロース製など)も用いられています。  ソーセージの“呼び名”は、ケーシングにどの動物の腸を使うのかや、太さによっても異なってきます。ちなみに、ウインナーより太い「フランクフルト」もソーセージの一種ですよ。 ウインナーソーセージ: 羊腸を使用したもの、または製品の太さが20mm未満のもの(牛腸を使用したもの及び豚腸を使用したものを除く) フランクフルトソーセージ: 豚腸を使用したもの、または太さが20mm以上36mm未満のもの(牛腸を使用したもの及び羊腸を使用したものを除く) ボロニアソーセージ: 牛腸を使用したもの、または太さが36mm以上のもの(豚腸を使用したもの及び羊腸を使用したものを除く) (参考:農林水産省「熟成ソーセージ類の日本農林規格」)  ちなみに「シャウエッセン」(日本ハム)は天然の羊腸使用しているので、ウインナー。主に関西で目にする「ポールウインナー」(伊藤ハム)はセルロース製のケーシングですが、太さが20mm未満なのでウインナーと名乗っているのですね。 <文/栄養士 梅原しおり>
梅原しおり
早稲田大学人間科学部卒、管理栄養士免許をもつライター。Twitter:@unchieiyoushi
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ