Entertainment

よしながふみ『大奥』「男女逆転」だけではない物語、その影の主役とは

 17年に渡る連載の果て、よしながふみの『大奥』が完結した。
よしながふみ「大奥 19」 (ヤングアニマルコミックス)白泉社

よしながふみ「大奥 19」 (ヤングアニマルコミックス)白泉社

 ジェンダーだけでなく、政治、疫病、恋愛など、今日のさまざまなイシューを内包したこの巨大な物語は、『ベルサイユのばら』にも比肩する歴史ロマンの大傑作となった。よしなが大奥以後、フランス革命にはオスカルやアンドレがいたように、聖徳太子は超能力者で同性愛者であったように、大奥は男だらけの世界であったと、少女マンガ読みには確かに記憶されることだろう。

女性が将軍を務める世界で大奥は男の園

 舞台は江戸城、大奥。女性が将軍を務めるこの世界では、大奥はもちろん男の園だ。8代将軍・吉宗ももちろん女性として描かれるが、彼女は長いことある違和感を抱いていた。将軍をはじめ、武家も商家も、家業を継ぐものはなぜ男名を名乗るのか?  その答えを求めて吉宗は大奥が開かれて以来書き続けれられて来た門外不出の日記「没日録」を紐解く。そこに記されていたのはこの国の驚愕の歴史だった──。
将軍吉宗は門外不出の日記「没日録」を紐解いた(C)よしながふみ/白泉社

将軍吉宗は門外不出の日記「没日録」を紐解いた(C)よしながふみ/白泉社

 以来19巻に渡って、3代将軍・家光から最後の将軍・慶喜に至るまでの歴史が描かれるのだが、これほどの傑作となった理由は、波瀾万丈に富む将軍たちの物語はもちろんのこと、連載当初からこの一点に着地するよう狙い澄ましていたであろう、緻密な構成とラストシーンの美しさ抜きには語れない。 【※注意!以下、最終話についての記述があります※】  最終話、若き日の津田梅子に、かつて大奥で天璋院胤篤と呼ばれた男はこう語りかける。 「この国はかつて代々女が将軍の座に就いていたのでございますよ…」  この終わり方ががなによりも美しいのは、「すべての希望」がここに凝縮されているからだ。
次のページ 
『大奥』は秘密を暴き出す物語
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ