Entertainment

剛力彩芽、熟年夫婦の絆を実感。理想は「手を繋いで公園でピクニックですね」

 今年は『新 デコトラのシュウ 鷲』に続き、2作目となる出演映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』が公開中の剛力彩芽さん。人生百年時代と言われ、「終活」への注目も高まる今、「終活」をリアルに学びながら、笑って泣ける前向きなヒューマンドラマに仕上がった本作で、剛力さんは、離婚寸前の熟年夫婦の娘・亜矢を演じています。
剛力彩芽、新作で熟年夫婦の絆を実感。自身の理想は「渋谷センター街で手を繋ぐ!」

剛力彩芽さん

【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます  「人生楽しく」を謳う本作。取材などでしばしば「ワクワク」「楽しく」をキーワードにあげる剛力さんに、あえてそう口にすることの意義を聞きました。

お終活?と思っている人にも観てもらいたい

――作品のタイトルを聞いて、内容がイメージできましたか? 剛力彩芽さん(以下、剛力)「全然できなかったです。正直、最初は私にはまだ関係ないことだろうと思いました。でも参加してみて、人生が楽しく思えるすごくステキな作品だと思いましたし、お終活へのイメージ自体も変わりました。お終活?と思っている人にもぜひ観てもらいたいです」 ――身近に感じられる家族ですね。
お終活?と思っている人にも観てもらいたい

『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』より

剛力「近くにいそうですよね。そしていい家族。何がいいかと聞かれると難しいですけど、すごく好きです。橋爪功さんと高畑淳子さんが演じられた、亜矢の両親、夫婦が文句を言い合いながらも、どこかでちゃんと互いを気にかけている感じとか、すごくいいなと思います。大切な人を大切に、改めてできるようになりたいと感じましたね」 ――亜矢はとても等身大の女性ですね。 剛力「今回は“娘”という立ち位置が、大事なポイントだと思いました。香月(秀之)監督との本読みはさせていただきましたが、それ以外の事前の準備はあまりせず、娘らしくいることを一番大切に考えていましたね」

渋谷のスクランブル交差点を、手を繋いで歩きたかった!?

――剛力さんご自身のご両親は、剛力さんにとって憧れの夫婦ですか?
渋谷のスクランブル交差点を、手を繋いで歩きたかった!?

『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』より

剛力「すごく憧れです。両親はいまだに手を繋いで歩くんです。この前も一緒にいたときに手を繋いでいたので、私は私で母の隣に行って、母と手を繋ぎました(笑)。いつも父と、『母が一番好きなのは自分だ』と取り合ってるんです」 ――剛力さんも、パートナーができたら手を繋いで歩きたい? 剛力私、手を繋いで公園に行ってピクニックするのが理想のデートなんです。今もそうだし、歳を取ってからもそうしたい。昔は、渋谷のスクランブル交差点を手を繋いで歩いて、代々木公園でピクニックしたいと思ってました。一番人がいっぱいいるところで実現したくて」 ――人がたくさんいるところで、あえて!? 剛力「昔は男女交際禁止とか、いろんなルールがあったので(笑)。だったら25歳を超えたら、そういうデートを絶対にするぞ!みたいな目標があったのですが、今はスクランブル交差点じゃなくても(苦笑)。お弁当を作って普通に手を繋いで出かけて、のんびり過ごしたいですね」
次のページ 
マイナスな言葉は、あっという間に広まる
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ