Entertainment

寺島しのぶ「女優は不思議な職業。映画は公共を使った思い出アルバム」

女優は作品という公共の思い出アルバムが残る

女優は作品という公共の思い出アルバムが残る――ある年代のまま先に残るということに関しては、女優というお仕事も、ひとつひとつの作品が、ずっと先に残りますね。 寺島「そうですね。『このときは28歳だったな。おっぱいもぷりんぷりんしてるな』『このときは子どもが生まれたあとでおっぱいが爆乳だったな』とかね(笑)。演じている側からすると、公共を使った思い出アルバムでもありますよね。不思議な職業だなと思います」

極限状態から生まれた思い出深い1本

――(笑)。「このときを収めてもらってよかった」と特にしみじみ思う作品はありますか?
極限状態から生まれた思い出深い1本

『Arc アーク』より

寺島「作品が残ることはどの作品についても嬉しいですが、やっぱり苦しい思いをしたときのほうが個人的に残りますね。『キャタピラー』とか。あれは本当にヘビーでした。1日中、ヘビーなシーンを暗幕の中で撮り続けてましたから。孤独だったし、よく分からないじんましんや血尿が出たりして。この状態で出るパフォーマンスはどんなものがあるのだろうと、途中からは変なハイ状態になってきちゃったりして。あの作品の残り方は色々と考えます」 ――そこまでの状況だったからこそ残せたものも。 寺島「ありますね。極限状態から出たものをすべてぶつけましたから。それだけ魂を込めた作品が、運よく海外の人の目に留まって、評価される(ベルリン国際映画祭最優秀女優賞受賞)ご褒美がついてきたから、それは報われましたね」
次のページ 
自分で満足できるように走り続けたい
1
2
3
Cxense Recommend widget
<ヘア&メイク/片桐直樹(EFFECTOR) スタイリング/中井綾子(crepe)> 配 給 :ワーナー・ブラザース映画


あなたにおすすめ