Gourmet

120円からの“うなぎ飯”食べ比べ!ファミマ、ローソン、松屋、コスパ一番は?土用丑の日に

ファミリーマート「うなぎ蒲焼風かまぼこおむすび」120円

コスパ重視のうなぎごはん

ファミリーマート「うなぎ蒲焼風かまぼこおむすび」120円

 最後に紹介するのは、7月6日にファミリーマートが発売した「うなぎ蒲焼風かまぼこおむすび」。パッケージに「うなぎは入っておりません!」としっかり記載されている通り、うなぎを使用していないからこそ、120円と非常に財布に優しい値段になっています。 コスパ重視のうなぎごはん「金しゃりおにぎり 九州産うなぎ」と比較すると、全てのお米にタレが付いたているわけではなく、海苔もないので寂しさを覚えます。 コスパ重視のうなぎごはん 焼きおにぎりのような醤油の香りが食欲をそそります。また、真ん中に“うなぎ蒲焼風かまぼこ”があるのですが、あまり量はないため“うなぎの食感を楽しみたい人”にはオススメできません。  ただ、量は少ないですが、うなぎのタレがかまぼこに染み付いており、“うなぎ風味”は十分に味わえます。「うな丼なんてタレを食うようなもんだろ!」とワイルドな感性の持ち主であればバッチリ満足できるのではないでしょうか。

ローソンの「金しゃりおにぎり 九州産うなぎ」がコスパ一番!

 筆者の感想としては、今回紹介した4商品の中で最もコスパが良いと思ったのがローソン「金しゃりおにぎり 九州産うなぎ」(298円)でした。各商品とも値段が良い感じでバラバラなので、土用の丑の日に対する思い入れが強めの人は松屋へ、そこまででもない人はローソンへ、あまりない人はファミリーマートに足を運びましょう! <写真・文/網島レイビン>
網島レイビン
ライター兼動画編集者。グルメ系やテック系などの記事を執筆する傍ら、シナリオライティングや動画編集もちょくちょくやっています。
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ